review

これも月9「監察医朝顔」父娘の食事、飾られた花、整理された家の中「日々の暮らし」こそ生きることだ2話

これも月9「監察医朝顔」父娘の食事、飾られた花、整理された家の中「日々の暮らし」こそ生きることだ2話
イラスト/まつもとりえこ
       
法医学者の朝顔(上野樹里)とベテラン刑事の父・平(時任三郎)を中心に、「命」について考えさせられるドラマ。3月11日の震災のことも描く。「監察医 朝顔」は、今までのフジ月9のイメージにない作品だと思う。 
先週(7月22日)放送予定だった第3話は放火事件が内容に含まれていたため放送を延期。予告によると今日放送の第3話は「表現に配慮して編集、演出などを変更した上で放送する予定」 とのこと。
先々週放映の2話では、夏日に路上で凍死していた初老の男の謎を追った。その真相が明らかになったとき、朝顔は法医をめざした理由が語られる。朝顔は、震災で行方不明になった母の存在抱えながら、ご遺体に向き合う日々を選んだ。ドラマが描き出すのは、「法医学ミステリー」の先、「喪失の時間とその回復」なのだと感じた。祈りのようなドラマだ。

新キャラクター、空気読まない光子


朝顔が働く興雲大学の法医学教室にアルバイトで入ってきた安岡光子(志田未来)は思ったことをすぐ口にする空気を読めないお馬鹿タイプ。
初対面の朝顔に「まだ見習いの人に教えてもらうんですか?」ってかなり失礼。しかし見ているうちにだんだん憎めなくなってきた。好き嫌い分かれるだろうが、このドラマを明るくしてくれるミント的な存在になってくれそう。
ちなみに原作の光子はもっと地味で暗い感じ。真逆のキャラクター設定だが、ドラマ版の光子も検査技師の高橋(中尾明慶)のボディタッチにムッとしたり、茶子(山口智子)の本を手に取っていたりと真面目な部分も窺える。「空気読めないお馬鹿」ではなく「あえて空気を読まない」人なのかもしれない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「これも月9「監察医朝顔」父娘の食事、飾られた花、整理された家の中「日々の暮らし」こそ生きることだ2話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    三話は、1話と2話の総集編で、視聴率落としてしまいましたね。京都アニメーションの悲惨な事件の影響で火災を扱った内容は、見送りにとのようでしたが、三話を期待していたため、残念でした。

    5
  • 匿名さん 通報

    くだらない恋愛ごっこ学芸会芝居が飽きられただけ()

    2
この記事にコメントする

「月9 + ドラマ」のおすすめ記事

「月9 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月29日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 月9 ドラマ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。