review

「なつぞら」104話。茜(渡辺麻友)がメガネを外し、なつ(広瀬すず)はついにプロポーズされる

連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第18週「なつよ、どうするプロポーズ」104話(7月30日・火 放送 演出・木村隆文)視聴記録


ムーラン・ルージュ新宿座の思い出
ついに語られる亜矢美(山口智子)の結婚しない理由。
まだ若く、売れていなかった頃、年下の学生・伊崎と恋に落ち、彼はムーラン・ルージュにかけるレビューの脚本を書いて、亜矢美を売れっ子にしたものの、戦争に駆り出され、帰らぬ人に。
傷心の亜矢美を救ったのが、咲太郎(岡田将生)。孤児で行き場のない彼を育てることが生きがいになった。
「かなしいけれどすてきな話です」となつ(広瀬すず)。

藤正親分(辻萬長)はもらい泣き。唐突に語られる亜矢美の秘話を、辻はみごとに重みのある語りで聞かせた。
そして、カスミ(戸田恵子)はムーラン・ルージュの歌を歌いだす。
「どんな才能も戦争にもっていかれるしかなかったんだ、鉄でできたおれたちの風車のように」としみじみ言うのは島貫(岩谷健司)。

この話のなかで印象的だったのは、伊崎が出征する直前、公演中に「岸川亜矢美バンザイ」と叫んだというエピソード。これと似た話を前にネットニュースで読んだ。ムーラン・ルージュ新宿座を検索していたときに、当時、そこで活躍していた女優・明日待子の記事(BuzzFeedニュース)に、学徒出陣を前に公演に来た学生たちが「まっちゃん万歳」と叫んだというエピソードが記されていたのだ。とすると、岸川亜矢美は明日待子からヒントを得て造形された登場人物ではないかと推測できる。

この記事の画像

「「なつぞら」104話。茜(渡辺麻友)がメガネを外し、なつ(広瀬すず)はついにプロポーズされる」の画像1 「「なつぞら」104話。茜(渡辺麻友)がメガネを外し、なつ(広瀬すず)はついにプロポーズされる」の画像2 「「なつぞら」104話。茜(渡辺麻友)がメガネを外し、なつ(広瀬すず)はついにプロポーズされる」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

お買いものリンク