田村 心 舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

 
田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

田村 心が7月31日、シングル『君がいて欲しい』でアーティストデビューする。

社会現象となったゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』を原案としたミュージカル 『刀剣乱舞』の陸奥守吉行や、『「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage』の主人公・緑谷出久(みどりやいずく)役を演じるなど、俳優として活躍目覚ましい田村 心。躍進し続ける田村が次に挑戦するフィールドは、アーティストだ。

実は、UVERworldのTAKUYA∞に強く影響を受けており、ゆえに自らが音楽に挑むことには殊更に慎重だったという。そんな溢れる音楽愛は、デビューシングル『君がいて欲しい』からもひしひしと伝わってくる。アーティストデビューする今思うことや、今後の活動への展望などを自らの言葉で率直に語ってくれた。その過程で、エキサイトとのつながりも発覚! 不思議な“ご縁”を感じたインタビューとなった。

取材・文/橘川有子  撮影/コザイリサ

編集/田上知枝(エキサイトニュース編集部)


田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

最初に歌うのは恋愛ソングではなく、応援してくれる人に向けたメッセージがよかった


――デビュー曲「君がいて欲しい」を最初に聴いたときの印象は?

田村:いいメロディだなって思いました。ただ、その時いただいた歌詞は恋愛ソングだったので、「恋愛ソングは歌いたくない」とはっきり言ったんです。僕が最初に歌うなら、今まで応援してくださっている方やこれから応援してくれる人に向けたメッセージがいいと思ったからです。デビュー曲にもかかわらず、僕の希望に応えて歌詞を書き換えていただけて、本当に良かったです。自分が歌いやすい環境を作ってもらえたことは、とても恵まれているなと思いました。

――つまり、役者でいう“あてがき”のような歌詞になったと?

田村:まさに、そんな感じですね。光栄だなって思います。「君がいて欲しい」の前に、カップリング曲「Next Step」のレコーディングをしたのですが、こちらの曲も等身大の僕が描かれていると思います。実は、1番の歌詞だけが出来ていた時、作家さんと直接お会いして役者に対する想いや好きな音楽の話とかいろいろとさせてもらったんです。2番は僕の話を受けて書いてくださったので、僕のことを知っている人が「Next Step」を聴くと、いろいろと思うところがあるんじゃないかなと思います。

――では、人生初のひとりレコーディングは「Next Step」だった?

田村:そうです。これまでにミュージカル 『刀剣乱舞』(以下『刀ミュ』) でレコーディングしたことはありましたが、1曲全部をひとりで歌ったのは初めて。でも、意外とリラックスして歌うことができました。

――あまり緊張しないタイプなのですか?

田村:たぶん『刀ミュ』は生まれて初めてのレコーディングでしたし、先輩が見守ってくださる中だったので、失敗できないとか待たせたら申し訳ないと思い、緊張してしまったんでしょうね。今回はひとりで時間を気にすることなく歌えたので(笑)、気負わずに歌えました。

『刀剣乱舞』で共演した阪本奨悟さんからアドバイスをいただいた


田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

――レコーディング前に練習はしましたか?

田村:歌入れの前に頭の中でシミュレーションをして臨みました。「君がいて欲しい」は、歌詞を書き直していただいたこともあり、前回の歌入れから結構時間が空いたこともあったので、レコーディングスタジオで練習する時間を設けてもらいました。僕としては、「今日は練習なんだ」って軽い気持ちで歌ったんですが、ディレクターさんが「いい感じだから、本番レコーディングにしよう」って言い始めて(笑)。

――そのまま本番に?

田村:そうなんです(笑)。本レコーディングとして押さえていた別日は舞台の直後で、もしかすると声のコンディションがあまりよくないかもしれないねって話になって。それもそうだなと思ったし、練習のつもりで歌っていたこともあって、いい意味で気楽に歌えました。今思うとラッキーでしたね(笑)。

――普段から舞台で声を出しているから、発声法なども身についているのでしょうね?

田村:いえ、まだまだ。もっとしっかり学ばないといけないな思っているところです。『刀剣乱舞』で共演した阪本奨悟さんは、アーティスト活動も両立させている先輩です。奨悟さんからは、「もっとお腹から声を出さないと届きにくいよ」ってアドバイスをいただいたり、練習法とか声を出すコツなどいろいろと教えていただきました。なので、レコーディングの際に奨悟さんに言われたことを思い出して、意識しながら歌いました。

ファンに嘘をつきたくないから、正直に音楽活動することへの迷いや葛藤を伝えた


田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

――公式コメントで、音楽活動することへの迷いや葛藤を率直に述べていましたね。

田村:はい。僕が音楽活動をすることに対して、様々な意見があるだろうことは想像していましたし、自分の気持ちをきちんと伝えなければファンの方と変に距離ができてしまいそうだなと思ったんです。今後もイベントとかで対面する機会があるので、嘘をついていると自分自身が苦しいし、何より嘘をつきたくない。だから、素直な気持ちを書きました。

――飾らない、嘘のない性格は素直な歌声にも表れていると感じました。

田村:今の僕にはそれしかできないですし、今できる最大限のことはやり切りました。ディレクターさんからは、レコーディングのときに細かなニュアンスをアドバイスされたりしましたが、理解できることもあればできないこともあって(笑)。感覚的に受け止めて歌ってみると、「今のいいね」と。僕としては聞き返しても、その違いが分からないこともあったけど(笑)、プロがいいというのだから大丈夫なんだと自分に言い聞かせました。自分の歌を聴き直したときは……、こっぱずかしかったですね。

――海辺で撮影したミュージックビデオも飾らない雰囲気が素敵でした。

田村:ありがとうございます。旅に出て、自分自身を見つめなおすというコンセプトの作品です。ロケ地も静かな海岸だったので、あまり作りこまず素の自分を出せたらいいかなと思いました。

――多忙を極めていると思うので、海辺の撮影は少しホッとできる時間だった?

田村:言われてみたら、そうかもしれません。昨年ごろからありがたいことに忙しくなりました。ソロでメジャーデビューする前に『NHK紅白歌合戦』にも出させていただいて……。ふと我に返ると、「どんなキャリアだよ」って感情が分からなくなることも(笑)。

音楽だけに情熱を注いできたミュージシャンの方々には絶対にかなわない


田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

――スピード感に気持ちは付いていけてますか?

田村:正直、気持ちが置いていかれてるなと感じることもありますね。たとえば最近も、上海での海外公演と主演舞台の2つを掛け持ちさせてもらっていました。2つの舞台の稽古を行き来してたかと思えば、舞台で上海に行き、その後にまた別の舞台のことを考えて……という感じ。いったいどこにいるのかいろんな意味で混乱もしましたが、周りの方々の支えがあってなんとかやり切ることができました。

――ここにきて、さらにアーティスト活動も加わって。

田村:あははは、すごいですよね(笑)。対応できているかどうかは分からないけど、お芝居でも瞬発力が欲しいなと思ったり、順応性も高めたいと考えていたので、思い切って挑戦させていただくことにしました。

――音楽という表現を得ることで、お芝居にもいい影響があるのでは?

田村:そうだといいなと思っています。さっきも言ったように、迷うところもありましたが、近い人たちから表現の幅が広がると励ましていただきました。また、音楽をやりながら演技をしている人って、お芝居の間がうまいよねって話も聞いたりして、たしかにそうだなと。どんなに背伸びしても、歌がうまいわけじゃないし、音楽だけに情熱を注いできたミュージシャンの方々には絶対にかなわないということを忘れずに、できることを精一杯、全力でやるだけです。

UVERworldさんは僕にとって神聖なもの


田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

――田村さんはUVERworldさんから影響を受けたとか?

田村:はい。UVERworldさんは中学の頃から影響を受けていて、僕の活動のきっかけであり、力を与えてくれていたもの。僕にとって神聖なものだから、そこ(音楽の世界)に入っていって本当にいいのかなという違和感とうか、想いも強いのかもしれません。実は……数年前に自分が行ったライブのレポがエキサイトミュージックさんに載って。そのとき、最前列だったから写真に写ってたんですよ。

――ほ、本当ですか?!

田村:手だけですけどね(笑)。サイトのリニューアルにともなって、そのページはなくなってしまったんですが、今もブックマークしてあります。そのライブでは整理番号4番でした。2000以上も番号があるなかで、1~10くらいまでは“選ばれし者”って感じで開場の時に番号を呼ばれるたびに歓声が起こるんですよ(笑)。最前だったので、TAKUYA∞さんの靴を触れたのはうれしかったんですが、体力的にはけっこうしんどくて。ライブハウスの最前ってこんなに大変なんだって身をもって知りました。

――最近、ライブを観に行けていますか?

田村:あいにく……。それぞれが違うステージで闘っているんだと考えるようにしています。いつかお仕事でもご一緒できたらいいなと思っていて。実は、以前の僕にとって『刀ミュ 』も憧れの存在でした。役者として舞台に立つ前、スタッフとして参加したことがあって、そのときは『刀ミュ 』の楽曲を歌いたくて、“ヒトカラ”に行ったり(笑)。オーディション前もかなりヒトカラのお世話になりましたね。

田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

――『刀ミュ 』に出演する 夢が叶ったように、いつかTAKUYA∞さんに楽曲提供していただけるといいですね。

田村:(焦りながら)そ、それは、畏れ多いです。音楽で直接かかわるのではなく、たとえばミュージックビデオで役者として貢献できたらいいなとか、そういう夢を持っています。

――本当にリスペクトしているのですね。では最後に、ファンの方々にこのシングルがどう届いてほしいと願っているか教えていただけますか?

田村:この楽曲を聴く多くの方は、僕を役者としてすでに知っていると思うんです。そういう方がこの曲を聴くと、いろんな感情が湧くかもしれないなって思っていて。僕のありのままを精一杯詰め込んだので、どう聴いてほしいということはなく、聴いてくださる方が感じるままに受け止めてもらえたら嬉しいですね。

田村 心の“マイ旬”ランキング


田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

●1位
漫画「僕のヒーローアカデミア」
舞台で主演をやらせていただいたというのもありますが、いま改めて漫画を読んでいて、本当に面白いなって感じます。何回読んでも泣けるし、アツい。読み込んだからこそ気づけることや、舞台をやらせていただいたから気づける発見もありました。舞台をやる前とやった後では、感じ方に違いがありますね。2.5次元は再現率が大事ですが、自分の中で出久とはもともと重なる部分があったし、寄せて演じようとするのではなく、自然とそうなっていくものなのかなと。演出家さんをはじめ全員が、いい演劇を作りたいという気持ちで取り組んでいました。原作に対しての愛とリスペクトを忘れないことが大事なのかなと思っています。

●2位
いいサラダ
体を絞るためにサラダを食べています。舞台では、共演者がおいしそうにお弁当を食べているのを見ながら、ひとりで豆腐そうめんなんかを食べてたりします(笑)。そんな僕が、唯一気にせずに好きなだけ食べられるのが、サラダ! 目下、サラダにしか食費をかけれないので、ちょっと高級そうで食材にこだわってる感じのサラダ屋さんに行くようになりました(笑)。そういうお店で買うと、いいご飯が食べられるくらいの値段がするので、友達からは本気で引かれてますけど(笑)。いろいろ食べていますが、ニンジンだけはこの先も分かり合えない気がします。好きなのは玉ねぎと焼きナス、アボカドです。

●3位
炭酸水
味がない炭酸水が好きでしたが、最近ちょっと変わってきました。炭酸水の味付きって、うす味でちょっと物足りないなと思ってたんです。でも、少し前から体を絞るためにジュースを飲むのをやめたら、うす味でも「結構いけるかも」って思えるようになってきて(笑)。選べるときは強炭酸を飲みますね。疲労を回復させたりお腹を膨らませる効果があるらしいので。僕は体重の増減が顔に出やすいので、大事なお仕事のときは特に気を付けています。



田村 心さん直筆サイン入りポラをプレゼント!


アーティストデビューを記念して、田村 心さんの直筆サイン入りポラを1名様にプレゼントいたします。

応募方法は下記の通り。
(1)エキサイトミュージック(@excite_music)の公式ツイッターをフォロー
(2)エキサイトニュース(@ExciteJapan)の公式ツイッターをフォロー
(2)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2019年7月31日(水)~2019年8月20日(火)23:59まで



<注意事項>
※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、エキサイトミュージックアカウント(@ExciteJapan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※DMでお伝えした期日までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
※一部の地域では配達が遅れてしまう場合がございます。予めご了承ください。

皆さんのご応募をお待ちしております!
(エキサイトニュース編集部)

【フォトギャラリー】田村 心 『君がいて欲しい』撮り下ろし写真<計20点>

リリース情報






イベント情報


【田村心 デビューシングル『君がいて欲しい』発売記念イベント】
2019年7月31日(水)東京・HMV&BOOKS SHIBUYA
2019年8月3日(土)埼玉・ステラタウン
2019年8月4日(日)埼玉・コクーンシティ
◎詳細:https://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11692/

プロフィール


1995年10月24日生まれ、東京出身。2018年に本格的に役者デビュー。主に舞台を中心に活動し、同年「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~結びの響き、始まりの音~」に陸奥守吉行役で出演、年末の『第69回 NHK紅白歌合戦』にも出場を果たした。今年に入ってからは、『最遊記歌劇伝―異聞―』『「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage』などで次々と主演の座を射止めるシンデレラボーイ。1st DVD『田村心 in ベトナムvol.1』がオリコン週間チャート初登場4位、ジャンル別では1位を獲得するなど、注目を集めている。

田村 心  舞台版“ヒロアカ”などで知られる人気俳優が歌に挑戦 「精一杯、全力でやるだけ」

関連リンク


▼田村 心 オフィシャルサイト
http://tamura-shin.net

最新インタビュー

インタビューをもっとみる

\ みんなに教えてあげよう! /