review

「ノーサイド・ゲーム」から考える日曜劇場の本質。逆転劇のカタルシスと舞台俳優、企業、妻の視点

TBSの日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」が、9月15日に最終回を迎えた。
「ノーサイド・ゲーム」から考える日曜劇場の本質。逆転劇のカタルシスと舞台俳優、企業、妻の視点
イラスト/まつもとりえこ

最終回で大勝負に挑んだ君嶋の運命は?


トキワ自動車のラグビー部「アストロズ」のGM・君嶋(大泉洋)は、常務取締役に昇進したかつての上司・脇坂(石川禅)から、ラグビー部予算の大幅圧縮を突きつけられていた。予算が削られれば、アストロズは国内リーグ「プラチナリーグ」から離脱せざるをえない。君嶋は選手たちのために何としてでもそれを食い止めなければならなかった。そのためにも蹴球協会にリーグ改革を断行してもらわねばならない。だが、協会を取り仕切る専務理事の木戸(尾藤イサオ)は、協会長の富永(橋幸夫)に忖度して、改革に及び腰だ。それでも君嶋のアストロズ改革は、ほかのチームのGMからも注目され、彼の協会改革案についても徐々に支持者が増えていく。最終回冒頭では、嵐の櫻井翔演じる赤木という他チームの新米GMが、アストロズに学ぶべく練習試合を見学に訪れていた。

他方、アストロズはリーグ最終戦となるサイクロンズとの試合を控えていた。昨シーズンはあと一歩というところでサイクロンズに敗れて優勝を逃しただけに、今シーズンこそ雪辱を晴らさねばならない。

脇坂に蹴球協会、そしてサイクロンズと、いずれ劣らぬ手ごわい3者を相手に大勝負を挑むことになった君嶋。果たしてその結果は……ということで、最終回ひいてはドラマ全体を、いくつかの視点から振り返ってみたい。

日曜劇場名物、けれん味たっぷりの企業劇


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

池井戸潤の同名タイトル小説をドラマ化。大泉洋がTBSの連続ドラマで初めて主演を務めた。左遷された男は低迷するラグビー部とともに再起することができるのか!? TBSにて、2019年7月7日〜9月15日放送。

お買いものリンク