review

「スカーレット」27話。ひと知れず消えていく喜美子の恋。この余韻はまさに連続テレビ「小説」

連続テレビ小説「スカーレット」27話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」27話。ひと知れず消えていく喜美子の恋。この余韻はまさに連続テレビ「小説」

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第5週「ときめきは甘く苦く」27回(10月30日・火 放送 演出・佐藤 譲)


圭介(溝端淳平)の恋物語は25回、17.9%、26回、19.1%と少々低め。圭介に喜美子(戸田恵梨香)が恋していたことがわかって、さてどうなる? という27回は、花火をつけたとき燃えそうで燃えないまま消えてしまうような寂しさを残して終わった。

圭介とあき子(佐津川愛美)との仲は順調だが、喜美子と圭介の仲も近づいていた。というのは、圭介が喜美子になにかと恋のアドバイスを求めて来るから。チューをどういうタイミングでするかを考えているふたりはあまりに仲良しで、あき子が見たら嫉妬するだろう。

「シャツわざと似合わんほう言うたやろ」


実際、さりげなく、あき子と喜美子は火花を散らしていた。
圭介とデートに行く話をするあき子。聞いていますと返す喜美子。なんでスケジュールを知っているのかと訝しむあき子。食事の支度の都合があるから把握しておかないとならないのだと喜美子。“女中”だからとナットクするあき子。

圭介に頼られシャツを選んだ喜美子に、「シャツわざと似合わんほう言うたやろ」とちや子(水野久美)とさだ(羽野晶紀)がにやり。

この記事の画像

「「スカーレット」27話。ひと知れず消えていく喜美子の恋。この余韻はまさに連続テレビ「小説」」の画像1 「「スカーレット」27話。ひと知れず消えていく喜美子の恋。この余韻はまさに連続テレビ「小説」」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「スカーレット」

朝ドラ「スカーレット」

第101作目のNHK「連続テレビ小説」。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。共演に松下洸平、北村一輝、富田靖子、中須翔真、西川貴教、大島優子ら。2019年9月30日~2020年3月27日放送。

お買いものリンク