review

知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり

知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり

(→「オジスタグラム」バックナンバーはこちら
知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり
風呂風呂風呂風呂風呂風呂風呂風呂!達磨達磨達磨達磨!
風呂達磨!風呂達磨!

長かった。

やっとだ。

お湯の出ない生活をして6ヶ月。
やっと今日給湯器の業者さんが修理しに来てくれる。
この「オジスタグラム」が皆様の元に届いてる頃には、僕はお湯の中だろう。

お湯が出なくなったのは、今年のゴールデンウィークだった。
風呂に入ろうとして、お湯の蛇口を捻るが一向に熱くならない。

「はいはい。そうでございますか」

公共料金は止まってから払う方針の僕からしたら、全く驚く事ではない。
然るべき罰だ。
速やかにコンビニでガス代を払い、ガス会社に開栓の連絡をする。

引き落としにすればこんな面倒な事にはならないのだが、奴等にはデリカシーがない。
こっちの財政なんてお構い無しに引き落としてくるから嫌なのだ。

汚れ達磨のために申し訳ない


しかし、今回はいつもと違う。
ガスを開栓しても、お湯が出ないのだ。

あれ、令和はお湯が禁止になったのか?
ガス会社に連絡すると、すぐに駆けつけてくれた。
僕みたいな、いくら体を洗っても関係ない汚れ達磨が風呂に入るために本当に申し訳ない気持ちだ。

「あの、ガスの方は問題ないので、これ恐らく給湯器が壊れてますね」
「あ、そうなんですね」
「管理会社さんとか連絡して直して貰って下さい」
「すみません、わざわざありがとうございました!」
「いえいえ、失礼しますー」

お兄さんを見送る、汚れ達磨。
あれから半年。
自分の不精な性格に反吐が出る。

結局、この糞達磨は生命の危機を感じるまで何もしないのだ。

この記事の画像

「知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり」の画像1 「知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり」の画像2 「知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり」の画像3 「知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり」の画像4
「知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり」の画像5 「知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり」の画像6 「知り合いのおじさんいたら紹介して「岡野陽一のオジスタグラム」24回。塩顔イケメンおじさんとしっぽり」の画像7
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

オジスタグラム

オジスタグラム

プロダクション人力舎所属のピン芸人「岡野陽一」が名もなきおじさんと酒を飲みながらその生態と魅力をレポートする不定期連載シリーズ。2019年6月13日〜連載中。

お買いものリンク