review

「いだてん」ジャカルタで田畑が宿敵・川島と一触即発!都合よすぎ?でも史実だからしょうがない43話

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」先週11月17日放送の第43話は、東京オリンピックの準備のため奔走する田畑政治(阿部サダヲ)が、肖像画となった嘉納治五郎(声・役所広司)に、1940年の東京オリンピックは戦争で返上されたと伝えたところ、「政治とスポーツは別物と繰り返し、口を酸っぱくして言ったろ!」と怒鳴られる回想シーンから始まった。だが、嘉納の言葉に反して、田畑は、オリンピックを国家イベントともくろむ政府との駆け引きのなかで否応なしに政治に巻き込まれていく。東京オリンピック開催の2年前、1962年のことだ。

田畑と津島のあいだに亀裂が入る


前回、第42話では、自民党の大物代議士・川島正次郎(浅野忠信)が、内閣に初めて設けられたオリンピック担当大臣のポストに就いた。その会見後、川島は田畑を手招きすると、大会組織委員会会長の津島寿一(井上順)と一緒ではやりにくくないかと切り出し、さらには農林大臣の河野一郎(田畑の朝日新聞社での元同僚でもある)や首相の池田勇人ら政府要人が津島を辞めさせたがっていると話を吹きこんだ。川島は一方で、東京都知事の東龍太郎(松重豊)との会談では、田畑と津島にはオリンピックを任せられないと強い口調で告げたうえ、東から田畑は欠かせないとの言葉を引き出していた。東からそのことを伝えられた田畑は、一体川島は何をたくらんでいるのかといぶかしむ。

川島への疑念は、第43話で河野一郎が大会組織委員会の事務局へ田畑を訪ねてきたとき、さらに深まった。河野は川島から、田畑が津島を辞めさせようとしていると聞いたという。どうしてそんな話になっているのか。田畑は驚きながら、そんな事実はないと否定する。むしろ辞めさせたがっているのは河野ではないのか。しかし当人に訊けば、そんなことは言っていないとの答えが返ってきた。田畑は河野に弁解するなかで、「そりゃ津島さんは老いぼれだよ」と言ったあとで、「だが、悪い人じゃない。むしろ俺は好きだよ」とフォローしたのだが、運悪く当の津島に前半の悪口だけ聞かれてしまう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

お買いものリンク