review

「いだてん」まーちゃん「はい、所得倍増!」」立川談春演じる池田首相を落語仕立てで説き伏せる42話

「いだてん」まーちゃん「はい、所得倍増!」」立川談春演じる池田首相を落語仕立てで説き伏せる42話
イラスト/まつもとりえこ
NHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」先週11月10日放送の第42話では、冒頭、渋滞が慢性化していた東京都心の道路が出てきた。時は1961年6月。3年後の東京オリンピックの仕事に携わっていたデザイナーの亀倉雄策(前野健太)と建築家の丹下健三(松田龍平)が、渋滞でなかなか進まないタクシーのなかで、オリンピックの聖火リレーのコースを下調べするため「聖火リレー踏査隊」が結成されると話をしていた。それを耳にした運転手がいきなり、踏査隊に参加したいと二人に申し出る。

芸人たちの名演に泣き笑い


角田晃広演じるタクシー運転手は、第1回の冒頭で登場し、古今亭志ん生(ビートたけし)を乗せていたところ、やはり渋滞に巻き込まれた。その後もたびたび登場したが、チョイ役かと思いきや、終盤に来ていきなり「聖火リレー踏査隊」という大役を担うとは驚いた。しかもこの運転手は、森西栄一さんという実在の人物だという。

その森西さん、ギリシャのアテネからシルクロード経由でシンガポールまで2万キロの距離を自動車で走破して帰国すると、髭も伸び放題とボロボロの姿で東京の大会組織委員会に現れた。そして組織委員会の事務総長の田畑政治(阿部サダヲ)と対面するや、途中のタクラマカン砂漠を越えるのに半年かかり、とてもリレーなどできないとブチ切れながら報告。とどめに、タクラマカンとはウイグル語で「帰れない場所、または死」という意味だと吐き捨てるように伝えた。タクラマカンといえば、東京オリンピック直前に公開された東宝のミュージカル映画「君も出世ができる」では、若き日の高島忠夫がその名も「タクラマカン」という挿入歌をロマンチックに歌っているのだが、まさかタクラマカンにそんな意味があったなんて。

あわせて読みたい

  • 「いだてん」本当にアレをナニしたのか

    「いだてん」本当にアレをナニしたのか

  • まーちゃん一気に14年間「いだてん」

    まーちゃん一気に14年間「いだてん」

  • 最終章突入「いだてん」田畑政治編総括

    最終章突入「いだてん」田畑政治編総括

  • 「いだてん」志ん生の「富久」は絶品

    「いだてん」志ん生の「富久」は絶品

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    いだてん

    NHK大河ドラマ「いだてん」

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。