review

池田エライザ「左ききのエレン」「若さは最後の切り札、いずれなくなるカードをあてにするな」の是非6話

ドラマイズム「左ききのエレン」(TBS毎週火曜日深夜1時28分 MBS毎週日曜日深夜0時50分)、今夜第7話「不夜城の兵隊」。原作は、マンガ『左ききのエレン』

「第6話 誰がつくったかなんて、誰も知らなくても」で、神谷先輩(石崎ひゅーい)と朝倉光一(神尾楓珠)はまだタクシーに乗っていた!
前話、ふたりは、最初から最後までタクシーに乗っていた。
ふたりが対話のなかで過去をふりかえり、過去のシーンに飛び、そこに山岸エレン(池田エライザ)の現在と過去が挟み込まれる構成。だったので、もちろんタクシーのシーンだけではないのだが、第6話冒頭、まだタクシーに乗ってる!
「おまえぶったおれてたもんな」
神谷先輩の言葉で、光一が過労で倒れたシーンへ。
「ほんとうにきついなら降りてもいいんだぞ」
神谷先輩の言葉に食い気味に
「やりたいです」
と答える光一。
若さと体力にまかせて、がむしゃらにがんばる光一。
がんばらせる神谷先輩。

タクシーのなか。
光一は、沢村さんに
「若さは最後の切り札だ。いずれなくなるカードをあてにするな」
って言われたことを神谷先輩に語る。

神谷先輩は、その言葉を否定する。
かつてサド村って言われるほど周りにビビられていた沢村の「生き方」を神谷先輩は選んだのだ。
その沢村が、優しくなって、若さや体力まかせな働き方を否定する。
「時代が変わったんだ」
神谷先輩は、激昂する。
「甘い夢よりも、しびれる現実のために。大人になることよりも、クリエイターになることにしたんですよ。光一だって、そうです。あいつはいま変わりたがっている。そんなやつを前に、俺は優しくなんてなれないっすよ」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「左ききのエレン」に関する記事

「左ききのエレン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「左ききのエレン」の記事

次に読みたい「左ききのエレン」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

左ききのエレン

左ききのエレン

広告代理店を舞台にした心をえぐるクリエイター群像劇。原作はcakesクリエイターコンテストで特選を受賞した同名漫画。主演は地上波初主演の神尾楓珠と池田エライザのダブル主演。MBS/TBSドラマイズム枠にて、2019年10月より全10話放送。

お買いものリンク