review

「左ききのエレン」アーティストには…なれなかったんですよ…。だったら、サラリーマンやれよ4話

ドラマイズム「左ききのエレン」(TBS毎週火曜日深夜1時28分 MBS毎週日曜日深夜0時50分)、今夜「第5話 普通の人生じゃ、やだよ」。

だったら、サラリーマンやれよ


「第4話 サラリーマンやれよ」は、流川編。
「本物のアーティストでもねえくせによ」
営業の流川俊(吉村界人)が、光一に言う。
「アーティストには…なれなかったんですよ…」
朝倉光一(神尾楓珠)が答えると、流川が言う。
「だったら、サラリーマンやれよ」

流川は、コピーライター志望だった。
営業の仕事を終えて、先輩たちの呑みの誘いを断わり、サラリーマンの象徴である革靴を脱ぎ、ネクタイを外す
引き出しから、本を取り出し、線を引きながら読みはじめる。

このとき流川が読んでいる本が、『広告コピーってこう書くんだ!読本』(谷山雅計/宣伝会議)だ。
新潮文庫「Yonda?キャンペーン」や東京ガス「ガスパッチョ!」などを手掛けるクリエイティブディレクター/コピーライターが書いた本。
この本のなかに、次のような話が出てくる。

常識とコピーと芸術


“いまからお話するのは、ぼくが考える「常識とコピーと芸術」の三分法です。
ある意見を人に言ったときに、それを聞いた受け手の反応は大きく3つに分かれると、ぼくは考えています。
それは、「そりゃそうだ」と「そういえばそうだね」と「そんなのわかんない」。”


そして、「そりゃそうだ」、つまり誰もが知ってることを言ったときの返答があるのが、「常識」。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「左ききのエレン」に関する記事

「左ききのエレン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「左ききのエレン」の記事

次に読みたい「左ききのエレン」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

左ききのエレン

左ききのエレン

広告代理店を舞台にした心をえぐるクリエイター群像劇。原作はcakesクリエイターコンテストで特選を受賞した同名漫画。主演は地上波初主演の神尾楓珠と池田エライザのダブル主演。MBS/TBSドラマイズム枠にて、2019年10月より全10話放送。

お買いものリンク