review

おっさん同士の愛憎劇に涙する「ジョン・デロリアン」ブラックな潜入捜査映画としても堪能

世界的に有名なスポーツカーの名前として、誰もが知っているデロリアン。この車を開発した男が巻き込まれたスキャンダルを扱った映画が『ジョン・デロリアン』だが、実のところこの映画の主人公はジョン・デロリアンではない。
おっさん同士の愛憎劇に涙する「ジョン・デロリアン」ブラックな潜入捜査映画としても堪能

DMCはなぜ潰れたのか? デロリアンに迫るFBIの罠!


映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主役メカとして、日本でもよく知られているスポーツカー、デロリアンことDMC-12。この「デロリアン」というのは、人名から取られたネーミングである。デロリアンを製造したDMC(デロリアン・モーター・カンパニー)は元ゼネラルモーターズの副社長であるジョン・デロリアンが設立した企業であり、そしてこのジョン・デロリアンは1982年にコカイン所持で逮捕。その余波によって元々経営がうまくいっていなかったDMCは資金繰りがストップし、倒産してしまう。

『ジョン・デロリアン』は、この倒産劇の裏には何があったのかを追った映画である。タイトルこそデロリアンと書いてあるが、実のところこの映画の主人公はジム・ホフマンという口髭の生えたおっさんだ。ホフマンは小型機のパイロットだったが、中南米からのコカイン密輸の片棒をかつぐ運び屋でもあるという実在の人物である。

1977年、南カリフォルニアでホフマンは家族とフライトしていたところをFBIに捕まり、飛行機に詰め込んだコカインのパッケージが大量に見つかってしまう。ホフマンはその場で取引し、罪を問われない代わりにFBIの情報提供者として活動することを了承する。FBIの目標は大物ドラッグディーラーであるモーガン・へトリックの逮捕。そのため、ホフマンは盗聴器をつけてへトリックと会話するなど、危ない橋を渡らせれることになる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「おっさん同士の愛憎劇に涙する「ジョン・デロリアン」ブラックな潜入捜査映画としても堪能」の みんなの反応 1
  • Doc 通報

    DMC-12の失敗はパワー不足のエンジンを搭載したからだ。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。