review

「グランメゾン東京」結局ただの中学生だった木村拓哉と沢村一樹、ベッド取り合うジャンケン3本勝負8話

結局はただの中学生だった木村拓哉と沢村一樹「グランメゾン東京」第8話

日曜劇場「グランメゾン東京」第8話が12月8日に放送された。
第7話で、「倫子(鈴木京香)さんのことが好きです」と急に中学生のような甘酸っぱい恋愛を持ち込んだ京野(沢村一樹)。せっかくの本格グルメドラマに、よくわかんない要素が混ざってどうなってしまうのかと思ったが、いらない心配だった。
「グランメゾン東京」結局ただの中学生だった木村拓哉と沢村一樹、ベッド取り合うジャンケン3本勝負8話
イラスト/たけだあや

あやうくストーリーを壊すところだった京野


「お前さ、一緒に店やってんのに自分勝手にみんなが困るようなこと普通言う?」

ごもっともとしか言いようのない尾花(木村拓哉)の一言で幕を開けた第8話。告白してしまった手前引き下がれず、京野は「エスコフィユ」での事件を持ち出して反論する。しかし尾花は、残ったワインを飲み干し、「後は2人でゆっくりと……」と余裕の態度でその場を後にした。これをきっかけに2人の関係はこじれてしまう。

翌日、京野は相沢(及川光博)に告白してしまったことを相談。

「まさか50目前にして自分があんなに素直に言っちゃうと思わなかったんだよ。朝起きたら『あ〜やっちゃったー』って」

良かった。いや、本当に良かった。「倫子さんが好きで好きでたまらないんだ……」とか言われたら店もストーリーも全てが壊れるところだったが、京野がしっかりと自分の置かれた状況を把握していてホッとした。

うめーうめーって言ってくれるだけで嬉しいのよ


一方の尾花は、師匠の潮卓(木場勝己)を店に連れてくる。しかし潮は、「グランメゾン東京」の料理を「まずい」「星なんかにこだわるから、大事なものが見えなくなるんだよ」とぶっきらぼうな物言いで全否定。尾花の料理が初めて否定された瞬間だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。