review

「グランメゾン東京」木村拓哉のライバル尾上菊之助がドンドンかっこいい、気になるリンダの過去9話

日曜劇場「グランメゾン東京」第9話が12月15日に放送された。
店に馴染んで調子に乗った芹田(寛一郎)、尾花(木村拓哉)のマネして脇に手をはさむように腕組みをしてた。スポットが当たった中盤以降、目立つ活躍こそしないものの、「グランメゾン東京」と一緒に成長していく様がところどころで描写されていて、丁度いい存在感を出している。
「グランメゾン東京」木村拓哉のライバル尾上菊之助がドンドンかっこいい、気になるリンダの過去9話
イラスト/たけだあや

混入事件再び?


栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻ると言い出す。そんな中、萌絵(吉谷彩子)がノロウイルスで倒れる。相沢(及川光博)は、生ガキを持ち込み、謎の小瓶を持っていた栞奈に疑いを持つ。

萌絵が倒れたことを知ったリンダ(冨永愛)は、「ノロウイルスを店の判断で隠ぺいした」とリークし、「グランメゾン東京」を潰そうと画策。しかし、尾花はウイルスの出どころがわかるまで店を休業し、その真摯な態度で客に安心感を与えてこのピンチを乗り切った。

陰湿すぎるリンダに復讐の理由はあるのか?


結局のところ、萌絵のノロウイルスは、日常生活で勝手に感染したものだった。「ナッツ混入事件」で外務省の秘書官の父が失脚してしまった栞奈は、料理にウイルスを混入させようと企むも、「せっかくの料理を台無しにできない」という思いから踏みとどまっていたのだ。

栞奈の過去と、「エスコフィユ」や料理への思いが発覚した第9話。しかし、気になるのは、ラスボスとしてどっしり構えるリンダだ。

手下的な存在の栞奈が重い過去を持っていただけに、ボスのリンダが「メンツを潰された」だけでは、どうにも理由がふんわりしている。リンダだって栞奈と同じように料理に対してフェアな精神を持っているはずだし、現在でも確固たる地位を築いているし、こんなにも恨み続ける理由がない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「グランメゾン東京」木村拓哉のライバル尾上菊之助がドンドンかっこいい、気になるリンダの過去9話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    イラストひどいな…。

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

グランメゾン東京

グランメゾン東京

木村拓哉が令和最初に挑むのは、型破りなフランス料理シェフ。挫折した男がもう一度夢に向かう“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー。共演に鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)ら。TBS系にて、2019年10月20日~12月29日放送。

2019年12月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。