review

「グランメゾン東京」赤レンジャー中の赤レンジャー木村拓哉が寛一郎を引き立てた!パラパラチャーハン6話

「グランメゾン東京」赤レンジャー中の赤レンジャー木村拓哉が寛一郎を引き立てた!パラパラチャーハン6話
イラスト/たけだあや
日曜劇場「グランメゾン東京」第6話が11月24日に放送された。

木村拓哉は主人公気質の俳優だ。「主役級の俳優陣が集結」みたいなドラマでも真ん中を務める、赤レンジャー中の赤レンジャーだ。

全てとは言わないが、ほとんどの木村拓哉主演ドラマは、「キムタクかっけー!」ってなるために作らているし、実際にそれで面白い。しかし今作は、玉森裕太や及川光博、第6話では寛一郎が良く見えるために作られていて、良い意味で人気が分散している感じがある。「キムタクかっけー!」を中心に、「〇〇が良い!」が成り立っている。

芹田の「5mm野菜のパラパラチャーハン」がすでに良い


「トップレストラン50」の候補に選ばれたことで、尾花(木村拓哉)は「日本の鮮魚は世界一」を理由に魚料理を見直す。一方、祥平(玉森裕太)が加入した丹後(尾上菊之助)がシェフを務める「gaku」も、新たな魚料理の開発に取り組んでいた。

今回スポットが当たったのは、見習い料理人の芹田だ。なんとかアピールしたい芹田は、ある日、思い切って賄い担当に名乗り出る。萌絵(吉谷彩子)から「えぇ~??美味しいの食べたいよぉ~」と不満が出るも、芹田は「大丈夫です。俺もずっとここでやってきてるんですから」と見栄を切った。下っ端の努力みたいなパターンに弱い僕は、ここで涙腺が緩む。

結果的にこの賄いは全員から酷評を受けてしまうのだが、芹田が作った料理がなかなか涙腺にくる。グルメドラマで下っ端が賄いを作るみたいな流れだと、見栄えや食材ばかりを気にした分不相応な料理を出して「心がない」「背伸びするな」と一蹴されるのがお決まりのパターンだが、芹田が出したのは「5mm野菜のパラパラチャーハン」。入店からずっとやらされてきた「野菜を5mmに切る」を生かしたなんの背伸びもしないありのままの料理だったのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「グランメゾン東京」赤レンジャー中の赤レンジャー木村拓哉が寛一郎を引き立てた!パラパラチャーハン6話」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    何と言おうとツマラナイ ドラマ。

    7
  • 匿名さん 通報

    玉森くん 子供騙しの芸能事務所なのに いがいと演技うまいんだねー

    1
  • 匿名さん 通報

    対象じゃなくて大将なのでわ?

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。