review

玉森裕太で急展開「グランメゾン東京」栗とキノコとナッツオイル5話、カメラワークも「オ〜ウ、ウマソウ」

木村拓哉が主演を務める日曜劇場「グランメゾン東京」が11月17日に放送された。第5話は、連続ドラマにおいて初回や最終回と同じくらい重要と言われる前半の山場だ。

"ナッツ混入事件"の犯人が早くも発覚。予告の時点で「全貌が明らかに……」みたいになっていたが、本当に明かすとは思わなかった。犯人の正体や経緯よりも、タイミングの早さに驚く。てっきり9話くらいまで取って置くやつだと思ってた。
玉森裕太で急展開「グランメゾン東京」栗とキノコとナッツオイル5話、カメラワークも「オ〜ウ、ウマソウ」
イラスト/たけだあや

オオミヤ君はカズの息子


尾花(木村拓哉)らの『グランメゾン東京』は、、リンダ(冨永愛)が記事で"ナッツ混入事件"に触れたため、炎上してしまう。ついに迎えたオープン当日も予約キャンセルが相次ぎ、たったの2組しか来店しなかった。

「ごめんな」と"賄い行き"になった食材たちに謝る尾花は、食材を余らせないためにフードフェスでカレーを出すを提案。祥平(玉森裕太)を手伝わせ、カレー作りに挑む。「ホテルのシェフは暇」と尾花は常々口にしていたが、まさかバイトする時間があるとは。辞める宣言もしているし、有給でも消化しているのだろうか。

ちなみに、「うちって世界一の店目指してるんじゃ……」とフェス出店に疑問を口にしたオオミヤ君。演じる三浦良太は、あのサッカーのキングカズこと三浦知良の息子らしい。よく見ると似てる。

クシャっとなる鹿の骨


さっそくスパイスの買い出しに行く尾花と祥平の並びがいい。カゴを持って尾花の後をついていきながら、祥平は店員に「クミンはインド産のもので、カルダモンはなるべく新鮮なものが……」と要求してフォロー。信用というよりは、当然と言わんばかりの尾花の立ち振る舞いと、余裕で要望に応えるも、一緒にいること自体に緊張した雰囲気の祥平が絶妙だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「玉森裕太で急展開「グランメゾン東京」栗とキノコとナッツオイル5話、カメラワークも「オ〜ウ、ウマソウ」」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    このドラマ面白い。出てくる料理がどれもうまそう。キムタクはキムタクなんだけど、いや周りの共演者に木村拓哉に変えられている気がする。キムタクのドラマはいつも一話で脱落する自分が日曜日を楽しみにしている。

    8
  • 匿名さん 通報

    このドラマ面白い?はぁ・・・まぁ人それぞれって事です。

    4
  • 匿名さん 通報

    このドラマ面白氏ですよ。共演者が良いし、ストーリーも展開が小気味よい。キムタクのドラマをしっかり見るのはじめてです。私も途中でキムタクドラマは途中で見るのを辞めるタイプでした。たしかに鈴木京香がイイ。

    4
  • 匿名さん 通報

    大人が演じ大人の視聴者が楽しむ‥‥誰一人悪目立ちもせず、役者さんそれぞれの個性が生きているドラマだと感じる。キムタク叩きたい人は好きに批判を繰り返してい れば良いかと思います。  

    3
  • 匿名 通報

    裕太あほか

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

グランメゾン東京

グランメゾン東京

木村拓哉が令和最初に挑むのは、型破りなフランス料理シェフ。挫折した男がもう一度夢に向かう“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー。共演に鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)ら。TBS系にて、2019年10月20日~12月29日放送。

2019年11月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。