review

木村拓哉「グランメゾン東京」江藤「ウニ出とるやないかい!」尾花はバナナだけじゃないぞ!黒幕を考察4話

木村拓哉「グランメゾン東京」江藤「ウニ出とるやないかい!」尾花はバナナだけじゃないぞ!黒幕を考察4話
イラスト/たけだあや
木村拓哉が主演を務める日曜劇場「グランメゾン東京」第4話が、11月10日に放送された。視聴率は、13.3%と過去最高を記録し、まだまだ伸びる予感。電車なんかでもこのドラマの話をしている人をちらほら見かけるし、"社会現象"にまで上り詰める可能性もありそう。

倫子の尾花化が進む


「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)が「グランメゾン東京」のプレオープンに来店することに。評価次第で今後が決まってしまうほどの影響力を持つリンダだけに、尾花(木村拓哉)はデザートのモンブランを作り直すと言い出す。さっそく祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かうが、尾花がスカウトしたのは萌絵(吉谷彩子)だった。

「少なくともここにいる誰よりもセンスのあるデザートが作れます」

萌絵が思った以上に自信家だった。というより、ナチュラルにケンカを売るちょっとイタイ感じの料理人だった。同じ自信家でも、相手に最低限の敬意を払う尾花とはまるで違うタイプの自信家だ。

しかし、萌絵が作ったモンブランは、美しい見た目はしているものの、栗本来の味を引き出しておらず、「コースの締めくくりに相応しくない」尾花と倫子(鈴木京香)は渋い表情。

「期待外れだったって言ってんじゃん」

舐めた口を利く萌絵に思うことがあったのか、それとも発奮させるためなのか、スカウトしといて尾花の傍若無人ぶりはすさまじい。

「そんなの私たちのメニューじゃない」

倫子もなかなかに厳しい発言だ。まるで尾花のようだ。むしろ、自分の腕にそこまで自信を持っていないにもかかわらず、ハッキリと意見を伝える様はある意味では尾花以上に強気と言える。実力を棚に上げてでもシェフという自分の役割を全うしているのだ。このドラマのテーマの1つ"大人の青春"という言葉通り、大人になっても成長する姿を見せてくれている。
レビューの記事をもっと見る 2019年11月17日のレビュー記事
「木村拓哉「グランメゾン東京」江藤「ウニ出とるやないかい!」尾花はバナナだけじゃないぞ!黒幕を考察4話」の みんなの反応 1
  • 恵介 通報

    SMAP再結成しろ

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。