木村拓哉が主演を務める日曜劇場「グランメゾン東京」第3話が、11月3日に放送された。
木村拓哉「グランメゾン東京」手塚とおるのクズっぷり最高3話。ナッツ混入事件黒幕も推理してみた
イラスト/たけだあや

シカの血が不気味で「何やらすごそう」


第3話。尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、メインディッシュとなる肉料理の開発に苦戦していた。そんななか、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加するジビエ料理のコンクールにエントリーする。

「gaku」のオーナー・江藤不三男(手塚とおる)が本領を発揮した。グルメバトル作品においてもっとも嫌な敵は、ライバル料理人ではなく、権力だ。今作では、江藤が地位と資金を使って尾花たちの妨害工作を行う。

今回江藤は、クズグルメ界の王道中の王道"買占め"に打って出た。新鮮なシカ肉の流通をストップさせ、自分たちだけ有利な立場を作った。この妨害により、グランメゾン東京はシカ肉のロースではなく、京野(沢村一樹)がなんとか手に入れたモモ肉で戦わなければならなくってしまった。

江藤の妨害が作ったのは、物語上の逆境だ。この逆境が、「グランメゾン東京」のチームワークと努力を生む。ホワイトボードにシカ肉の調理法、加熱する温度や使用する香草など、あらゆる調理パターンを書き出し、ローラー作戦のようにつぶしていく。華やかなレストランの裏側の、地味な努力だ。

ここから、倫子の決意からくる提案と尾花の発想力で、「シカ肉のロティとコンソメ」ができあがった。調達したシカ肉の血入りのペットボトルは少し不気味で、フレンチに疎い人間にも、「何やらすごそうだ」というインパクトを与える。たびたび使われた、「荒々しさ」というワードのチョイスも、味こそ想像できないが、雰囲気だけはしっかりと伝わってくる。なんだか漠然と深い味がしそう。