review

「やすらぎの刻~道」吉岡秀隆といしだあゆみの再会に「北の国から」を連想せずにはいられない第36週

倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第36週。

マヤ(加賀まりこ)が「寝た相手、寝取った相手」だけではなく、菊村栄(石坂浩二)やお嬢(浅丘ルリ子)といった友人たちの下ネタも暴露した自叙伝を書くの書かないので盛り上がる中、中川玉子(いしだあゆみ)の衝撃的な過去が明かされた玉子ウィークだった。
「やすらぎの刻~道」吉岡秀隆といしだあゆみの再会に「北の国から」を連想せずにはいられない第36週
イラストと文/北村ヂン

とんでもない大物と付き合っていた玉子さん


違法薬物の所持で逮捕され、その後「やすらぎの郷」のスタッフとして働いている竹芝柳介(関口まなと)の元に、とある怖~いフィクサーから連絡が入った。

元首相のオトモダチで、海外にも強いネットワークを持ち、「ヤクザなんてとても寄りつけない」サロンをやっていたという超大物・マキタ会長(宝田明)の代理人からだという。

柳介が警察に口を割ったことで逮捕された、半グレ集団のメンバーとの仲裁のために3000万円支払うように要求しているんだとか。

郷のスタッフたちは困り果て、その手の人たちとコネクションがありそうな秀サンに相談。

すると「自分よりも、もっと適当な方がここにおられます」ということで、玉子と一緒にマキタ会長に会いに行くことに。

ま、そういう関係なのかなと予想はしていたが、案の定、マキタ会長と玉子は過去に男女の関係にあったようだ。

それにしてもマキタ会長の大物っぷりよ。

竹下柳介への恐喝問題は結局、マキタの名前を騙った“馬鹿たれ”のやったことで、ちょろっと電話をかけるだけで解決。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。