review

「やすらぎの刻~道」第38週。孫ポルノ! 橋爪功のために孫全員協力で思い出の鐘を鳴らす…なんか感動

倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第38週。

シニアに向けたドラマということで、やたらと老人に優しい若い娘や、老人に優しい孫たちが登場しがちなドラマではあるが、今週は老人たちをきもちよ~くさせてくれる孫ポルノの極み! 全じーちゃんばーちゃん号泣モノの展開だった。
「やすらぎの刻~道」第38週。孫ポルノ! 橋爪功のために孫全員協力で思い出の鐘を鳴らす…なんか感動
イラストと文/北村ヂン

じーちゃんのために孫全員が結束!


根来翔(菅谷哲也)が、かわいい従兄弟(清野菜名)&彼女(渡辺早織)との同居生活をスタート。あだち充の漫画っぽいドキドキ三角関係が展開されるかと思いきや、彼女の怖〜い親父が迎えに来てアッサリ終了。

再び、じーちゃんばーちゃんを喜ばせるための孫エピソードがはじまった。

この「道」パートの原点とも言うべき、小野ヶ沢から町へと続く道。あの道が舗装され、さらに高速道路が通る計画があるという。

若者連中は村が便利になることを歓迎していたが、根来公平(橋爪功)たちは複雑な気持ちを抱いていた。

「便利になるのは良いとも言えたが、昔からのふるさとが変わってしまうのは、ひどく寂しいことにも思えた」

老人たちがもうひとつ、寂しく思っていたのが祥恩寺の鐘。

ドラマ内も大晦日が近づいていたが、小野ヶ沢ではかつて、祥恩寺の鐘とともに年を越すのが恒例となっていた。

しかし、戦時中の金属供出で鐘を持って行かれてしまい、それ以来、元に戻らないまま平成になっていたのだ。

「あの音が聞けんのはまったく寂しかった。戦争前の小野ヶ沢の大晦日には、いつもあの祥恩寺の鐘の音が谷一帯に流れとったんじゃ」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

やすらぎの刻~道

やすらぎの刻~道

幅広い世代から絶大な支持を集めた『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が、新たに映像化。倉本聰×テレビ朝日が再タッグを組んでお送りする『帯ドラマ劇場』にて、2019年4月8日~2020年3月27日放送。

2019年12月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。