review

「やすらぎの刻~道」第39週。新年早々、梅宮辰夫の登場でしみじみとおめでたい気持ちになる

倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第39週。

新年一発目の放送は、菊村栄(石坂浩二)の父親……の幽霊・梅宮辰夫が登場。

当然、生前に撮影済みだったものだろうが、元気な辰っちゃんの姿が見られて何だかおめでたい気持ちに。

「正月休みがあったからな、みんな忘れてると思って」

ということで、昨年末の総集編からスタートするという親切な展開だった。
「やすらぎの刻~道」第39週。新年早々、梅宮辰夫の登場でしみじみとおめでたい気持ちになる
イラストと文/北村ヂン

しのぶの父親が福島の原発に再就職


総集編明けは『道』パートから。

北海道・悲別の炭鉱が廃坑することにともなうゴタゴタに娘を巻き込みたくないということで、祖父である根来公平(橋爪功)たちの元に預けられていたしのぶ(清野菜名)。

再就職先が決まった里子(菅野恵)たち夫婦がしのぶを迎えに来たことで、公平夫婦&翔(菅谷哲也)との共同生活が終わる。

それにしても、炭鉱がダメになった後の再就職先が、東亜電力の福島原子力発電所とは……。

しのぶの母・里子が生まれ育った小野ヶ沢は、かつて住民の多くが国策に踊らされ「満蒙開拓団」に参加するために満州に渡って捨てられた村。

炭鉱で働くことになった夫に付き添い、小野ヶ沢を出て北海道・悲別に行ったのに、炭鉱が廃坑。再就職先として原発で働くことになるとは、つくづく国策に翻弄される家系だ。

「原発いうんは危なくないのかい?」

「危なくなんかないですよ」

里子の夫・堺俊一(聡太郎)はこう言っていたけが、平成4年の段階でも、チェルノブイリ原発事故は既に起こっており「原発は安全」なんてのんきに言ってられなかったとは思うけど……。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。