review

えー!最終回ディーン「シャーロック」モリアーティ=守谷は偽物なのか。謎は今夜特別編に持ち越し?

若宮「生きるために知らなくていいことだってあるんだぞ」
獅子雄「俺は、生きるために知りたいんだ」

12月16日(月)放送のドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)。「えーっ!」と言っているうちに終わってしまう最終話だった。ついにモリアーティにあたる男・守谷が登場するも、謎を残して本編は幕を下ろした。
えー!最終回ディーン「シャーロック」モリアーティ=守谷は偽物なのか。謎は今夜特別編に持ち越し?
イラスト/まつもとりえこ

前回、江藤(佐々木蔵之介)が屋上で東京を見下ろしながら、意味ありげに「君が代」を歌っていた。その演出や歌詞の意味などから、江藤が守谷か。あるいは、江藤も守谷の信奉者か。と予想してしまった。しかし、オープニングのタイトルバックの時点でその予想は否定される。

廊下を歩いてきた江藤が、「レストレード」と判を押す。若宮(岩田剛典)は、獅子雄(ディーン・フジオカ)を真似るようにペンで「ワトソン」と書く。そして獅子雄は、指を噛んで自らの血で「シャーロック」と記した。やはり江藤は原作の「レストレード警部」で間違いない。その点をスッキリさせてくれたところで本編に向かう親切設計だ。

「ライヘンバッハの滝」のように海に消えた守谷と獅子雄


前回の最後に起こった東京拘置所集団脱走事件。第3話に登場した市川利枝子(伊藤歩)を含めた守谷の信奉者と思われる者たちが、看守の手を借りて逃亡した。

江藤「見つけた場合は、手荒な真似をしても構わない。都民を守れ」

捜査一課長への昇進を前に、脱走犯たちを確実に捕まえたい江藤。守谷への手がかりがほしい獅子雄は情報提供をするように言うが、江藤はトップシークレットだとそれを断る。守谷が拘置所にいたことや、守谷を捕まえたのが自分だったことを、江藤は獅子雄に隠していた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

シャーロック

シャーロック

ミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にしたミステリーエンターテインメント。シャーロックを演じるディーン・フジオカは初の月9で初主演。相棒ワトソンに月9初出演の岩田剛典。2019年10月2日~12月16日放送(23日に特別編)。

2019年12月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。