review

「スカーレット」77話「自由は不自由や」ジョージ富士川(西川貴教)久々の登場、表現の自由とは何か

「スカーレット」77話「自由は不自由や」ジョージ富士川(西川貴教)久々の登場、表現の自由とは何か
連続テレビ小説「スカーレット」77話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」77話「自由は不自由や」ジョージ富士川(西川貴教)久々の登場、表現の自由とは何か

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第13週「愛いっぱいの器」77回(12月27日・金 放送 演出・鈴木航)


直子(桜庭ななみ)が連れてきた鮫島正幸(正門良規 関西ジャニーズJr.のユニット・Aぇ!group)は、川原家家族会議(?)の間、喜美子(戸田恵梨香)によって外で待たされ、雪のなか、震えていた。
あまりの寒さに、走って暖を取るという賢明さのある人物であったが、「もう心は夏ですわ〜」と笑う、いい意味でアホなところもある。いやむしろアホ成分のほうが多そうか。喜美子と八郎のことも、「偉い陶芸家(八郎)とそうでもない陶芸家(喜美子)」などとけろっと言って気まずい空気を作り出す。

鮫島を演じる正門良規は、インクを混ぜ合わせて色を作るように、若さバカさ明るさをちょうどいいパーセンテージで混ぜ合わせて、川原一家の闖入者・鮫島という人物を作り上げていた。

この鮫島と直子がまさかの結婚報告?と思ったら、会社を辞めて大阪で商売をするらしい。
販売と言うだけで何を売るか言わず、ただ「一発当てるで」と豪語する直子を見て、マツ(富田靖子)は常治が大阪にいた頃、よく言っていた言葉だと思い出す。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「スカーレット」77話「自由は不自由や」ジョージ富士川(西川貴教)久々の登場、表現の自由とは何か」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    あの時代にジムで鍛えたようなマッチョは浮いてしまう。なつぞらの番長の筋肉は自然だったのに、今作は適当なことやるよね。

    5
  • 匿名さん 通報

    前半はまったく感心するような内容はなかった。史上最悪の朝ドラと言ってもいい。後半は不倫とか息子の病気とか重くて暗い話が待っている。平均視聴率18%台になる可能性も見えてきた?

    4
  • 匿名さん 通報

    戸田さん演技が下手になったんじゃない?元々上手いわけじゃないけど、スカーレットの演技は脚本のせいなのか不自然さしか感じないです。

    3
  • 匿名さん 通報

    カーネーションの良かったところを取り入れてはみたけれど…クリエイターの生き様が書ききれず残念な仕上がり。荒っぽい言葉も嘘くさいです。

    3
  • おはぎ 通報

    このまえの「自由に表現するんだ」なんか過去に何度もみたきがするんだよな。。。フーチャラマスターオーズ。エクスマキナ絵画の壺。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スカーレット

スカーレット

NHK「連続テレビ小説」第101作目のテレビドラマ。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。2019年9月30日~放映中

2019年12月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。