review

アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」山本監督に聞く「アイドルを推す人たちが主役」今夜スタート

岡山県で活動しているローカル地下アイドル「ChamJam」のメンバーで、グループの中で最もファンの少ない市井舞菜。舞菜を単推ししている唯一のオタク(ファン)で、収入のすべてをオタク活動のために費やしているフリーターのえりぴよ
この二人を中心に、アイドルとオタクの近くて遠い不思議な関係を描いていく漫画「推しが武道館いってくれたら死ぬ」(推し武道)

2018年のアニメ化発表以来、多くのファンが待ちわびていたが、いよいよ本日、1月9日(木)の深夜、TBSで第1話が放送される(BSーTBSでは11日深夜放送)。

エキレビ!では、原作者の平尾アウリインタビューに続いて、本作の監督を務める山本裕介へのインタビューを実施。第3期まで制作されている「ヤマノススメ」など数多くの作品で高い評価を集めてきた人気監督に、本作との出会いから語ってもらった。
アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」山本監督に聞く「アイドルを推す人たちが主役」今夜スタート
アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」最新キービジュアル。7人組の地下アイドルChamJamと、彼女らを応援しているオタクたちがライブハウスで記念撮影している風景が描かれている

アイドルという存在は、自分の中では縁遠いものだった


──「推し武道」の監督を勤めることになった経緯を教えてください。

山本 「ヤマノススメ」などもそうなんですが、(制作スタジオの)エイトビットにいると葛西(励)社長がなにかしら仕事を持ってきてくれるんです。僕の適性をわかってくれていて「山本にはこういう作品が合うだろう」というものを選んで声をかけてくれるんですね。「推し武道」もそのパターンで監督のオファーをいただきました。とは言っても、どんな仕事も受けているというわけではなく、別の原作で以前「山本さん、アイドル物ってどうですか?」と声をかけてもらったこともあったのですが、その時には「原作はすごく面白いのですが、僕の中にはアイドル物のスイッチが無いみたいです」とお断りしたことがあります。だから、「推し武道」も最初コミックスの表紙を見て「アイドル物かあ…」と思って構えていたのですが、タイトルからして変わっていたし、「推し」という単語に引っかかったんですね。それで中身を読んでみたら、いわゆるアイドル物というくくりとはかなり違うんじゃないかと。アイドルを推す人たちが主役の作品ですし。推されるアイドルも地方で活動している地下アイドル。しかも、コメディ。これなら自分でもやれるかもしれないと思って、葛西社長に「面白い仕事になりそうなので、やってみたいです」と返事をしました。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。