review

アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」山本監督に更に聞く「笑いとエモを上手く両立できてたら」

岡山県を舞台に、発展途上のローカル地下アイドルのメンバー市井舞菜と、舞菜を熱狂的に推しているアイドルオタクのえりぴよ。二人を始めとしたアイドルとオタクの関係性をギャグテイストも交えて描いた人気漫画「推しが武道館いってくれたら死ぬ」(推し武道)
先日、待望のアニメ第1話も放送され、さらに注目を集めている。
エキレビ!の「推し武道」連載を締めくくる山本裕介監督インタビューの後編では、第1話についても振り返りながら、メインキャラクターの描写やキャスティングに関するこだわりなどを語ってもらった。

(前編はこちら
アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」山本監督に更に聞く「笑いとエモを上手く両立できてたら」
握手会での舞菜とえりぴよを描いた「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第2弾キービジュアル。本作の主人公とメインヒロインとも言える二人だが、基本的に会話をする機会は、握手会などの接触イベントしかない

立花さんのお芝居の成長は、舞菜と重なる感じになっている


──えりぴよのオーディションの時点では、ファイルーズあいさんは、ほぼ無名の新人声優だったと思います。

山本 そうですね。(初主演作の)「ダンベル(何キロ持てる?)」の放送前でしたし、おそらく、ファイルーズさんはほぼ同時多発的に、あちこちの現場で認知されたのだと思います。だから、プロフィールを見た時も何の先入観も無かったのですが、生のオーディションでのお芝居にはかなりのインパクトがありました。

──オーディション用の台詞は、やはり、えりぴよらしく振り幅の大きい台詞を選んであったのでしょうか?

山本 喜怒哀楽の全てというか、いろいろな台詞を入れてました。エキセントリックなお芝居だったら、ある程度慣れた声優さんなら大抵の人ができるんですね。でも、1話の冒頭の

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。