「週末、私はちょっとした旅に出る。ひとりだけの時間を満喫できる、私の小さな大冒険」

ちょっとした旅雑誌のキャッチコピーのような語りで始まる、濱津隆之主演のドラマ25「絶メシロード」(テレビ東京、深夜0時52分~)。近年盛り上がっている趣味「車中泊」をしながら、「絶滅してしまうかもしれない絶品メシ」を求めて、小さな旅に出る中年男の姿を描く。

筆者などは毎回見るたびに「こんな旅に出てみたい……」と思ってしまう。生活に疲れたおじさんたちにぜひ見てもらいたいドラマ。

先週放送された第3話に登場したのは群馬県高崎市の「香珍」。ドラマの元ネタである「絶メシリスト」にも取り上げられているお店。これまで放送された中で、もっとも「絶メシ」に近い店とも言える。その理由は後ほど。
濱津隆之「絶メシロード」3話「醤油ラーメンって何?」って聞かれたら「これ!」って答えるラーメン、絶品
イラスト/サイレントT(ワレワレハヒーローズ)

「車中泊」では「ブラックマーク」に注意


しがないサラリーマンの須田民生(濱津隆之)は家庭でも居場所がない。ようやく姿を現した妻の佳苗(酒井若菜)と娘の紬(西村瑠香)だが、話題は好きなアイドル一辺倒。妻子にアイドル趣味を薦められても肩をすくめるしかない。

そんな民生も車中泊の旅に出かけると途端にイキイキしはじめる。やっぱり「好き」は大切だし、他人の「好き」を蔑ろにしてはいけない。毎度おなじみ、民生の車中泊ルールは以下のとおり。

その1:仕事が終わった金曜の夜に出発して、土曜日の夕方までに戻ること。
その2:誰も誘わない・誰も巻き込まない。
その3;高速代、ガソリン代、食費も含めて、予算はお小遣いの範囲で収める。