review

「有吉ダマせたら10万円」この詩の作者はバカリズム?相田みつを?だよなあ…有吉との真剣勝負をご報告

「有吉ダマせたら10万円」この詩の作者はバカリズム?相田みつを?だよなあ…有吉との真剣勝負をご報告
「井上マサキのテレビっ子からご報告があります」第28回。ライターでテレビっ子の井上マサキでございます。この連載は日々テレビを見ていて気になった細かいこと、今のアレってアレなんじゃないのと思ったことを、週報代わりにご報告できればと思っております。どうぞよろしくお願いします。

バックナンバーはこちらから

21日放送『有吉ダマせたら10万円』(フジテレビ系列)を記録に残しておきたい。バカリズムvs有吉弘行の心理戦がひたすら面白かったのだ。

相田みつをか?バカリズムか?


『有吉ダマせたら10万円』は、芸能人たちが有吉弘行に「ウソかホントかわからない」クイズを出題し、見事有吉をだませたら賞金10万円を獲得できるというもの。例えばEXITは「今から兼近が6年ぶり会う思い出の人はAとBどっち?」、純烈は「次のうち実在する強烈なファンはAとBどっち?」という具合だ。

出題者と有吉はカジノのテーブルを模したセットに向かい合い、有吉は相手にじっくり質問しながら正解を推理する。近藤真彦の「約45年ぶりの跳び箱、できる?できない?」には散々悩みつつ、「マッチさん体力的に若いからな」「これできないマッチさん見るの嫌よ!」とコメントして、「できない」の札を躊躇なく上げるなどしていた。

そしてバカリズムが持ってきた問題が「このポエム、相田みつを?バカリズム?」である。問題は全部で5問。1問目がこれだ。

「あいが始まると 最後はわをんと 泣くんだなあ」

実は『有吉ダマせたら10万円』は特番として3回目の放送であり、この「相田みつをorバカリズム」は初回からずっと行われている。バカリズムの「ニセみつを」は毎回クオリティが高く、相田みつをの事務所からも「素晴らしい」と褒められるほど。もはや二代目みつをである。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。