review

吉高由里子「知らなくていいコト」7話。野中の闇堕ちの真相はケイトが異常で自分こそ普通と正当化するため

2月19日に放送された『知らなくていいコト』(日本テレビ系)の第7話。激動の神回の主役は野中春樹(重岡大毅)である。誰の立ち位置に立って考察するか? それはもう、彼しかいない。
吉高由里子「知らなくていいコト」7話。野中の闇堕ちの真相はケイトが異常で自分こそ普通と正当化するため
イラスト/まつもとりえこ

ケイトの秘密をリークして「君は悪くない」と同意してほしい


「週刊イースト史上“最悪の一日”」なるサブタイトルが付いた今回は、急展開の連続だった。6話でイーストに夫の不倫ネタを持ち込んだ桜庭かずみ(三倉茉奈)が編集部に紛れ込み、夫が戻らない逆恨みで真壁ケイト(吉高由里子)の腹をナイフで刺したのだ。

このときの編集部員たちの行動にはゾッとした。助けるより先に、先輩が刺される場面を携帯で撮り続ける小泉愛花(関水渚)。その動画を観て「よくやった!」「いい動画だ〜」と称賛する上司たち。
かつて、尾高由一郎(柄本佑)はカメラマンという職を「目の前に死にそうな人がいても、助けるよりもシャッターを切ることのほうが大事でないとできない仕事」と説明した。それは週刊誌記者も同じ。同僚が殺されそうになっていたら、撮影に専念することこそが正義。ケイトと尾高が病院に搬送されたばかりなのに、編集長・岩谷進(佐々木蔵之介)を先導役に士気を上げるイースト編集部。襲撃された事実を記事化することに邁進した。

活気づく編集部員の中、野中だけが冷めた目をしている。特集班だけでなく連載班の小泉もデスクの東山秀則(本多力)も興奮気味に仕事しているのに、彼1人だけが蚊帳の外だ。他の編集部員のため飲み物を買ってくるくらいしか彼はできない。「買い出し行ってきます」と言っても、こちらを振り向く者は誰もいない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「吉高由里子「知らなくていいコト」7話。野中の闇堕ちの真相はケイトが異常で自分こそ普通と正当化するため」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ゲスな週刊誌っていうと文春と新潮とポストだなあ。

    0
  • 匿名さん 通報

    男の嫉妬もあるんじゃない

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

知らなくていいコト

知らなくていいコト

吉高由里子が政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで、数々のスクープを世間に送り出す週刊誌の記者を演じるお仕事系ヒューマンドラマ。共演に柄本佑、重岡大毅(ジャニーズWEEST)、佐々木蔵之介ら。日本テレビ系にて、2020年1月8日~放映中。

2020年2月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。