review

ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」

5月3日(日)には 第5回が配信される「ホロライブ presents 星街すいせいのMUSIC SPACE」。「ラジオパーソナリティは初めての経験なので少し緊張もしましたが、楽しんでできていると思います」(星街)

毎週日曜日の17時から文化放送のインターネットラジオ「超A&G+」で配信中の「ホロライブ presents 星街すいせいのMUSIC SPACE」。メインパーソナリティを務めるホロライブ所属のアイドルVTuber星街すいせいのロングインタビュー後編では、「MUSIC SPACE」の今後の展開だけでなく、3Dライブのクオリティの高さで注目を集めた「3Dお披露目配信」や、3曲のオリジナルソング制作時のエピソードなども語ってもらった。

(インタビュー前編はこちら

「実は、こんなこともできます」と示せた「3Dお披露目」


──先ほど(前編で)、「ノンストップ・ストーリー」について質問しましたが、その他にも、特に印象深かったり、その後に大きな影響があったりした配信やイベントがあれば教えてください。

星街 一番はやっぱり、(2020年3月1日の)3Dお披露目配信だと思います。「ノンストップ・ストーリー」の後も、テトリスの切り抜きや配信で、いろんな人に知ってもらえたりしてはいたんですけれど、ゲーム実況や普段の配信は、自分のキャラクター性を知ってもらう機会だと思っていて。そうやって、じわじわといろいろな人に知ってもらえた中、「実は、こんなこともできます」と示せたのが「3Dお披露目」だったなって。実際、いろいろな人から「こういうキャラだとは知っていたけど、歌と踊りができることは知らなかった」と言ってもらえました。あとは、ホロライブという企業がここまですごい音楽ライブのリアルタイム配信ができることも、みんな知らなかっただろうし。そういう点で「ホロライブ」と「星街すいせい」はここまでできますよ、と知ってもらうきっかけにもなったのかなと思います。わがままや無理なお願いをいっぱいしちゃったんですけどね(笑)。そのリクエストに、スタッフさんが最大限応えてくださいました。

ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」
定番のバラエティ的要素は排除し、全編音楽ライブとして行われた3Dお披露目配信。同接55,000人を記録し、Twitterトレンドではワールド1位。実力派アイドルVTuberの実力と注目度の高さを証明した

この記事の画像

「ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」」の画像1 「ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」」の画像2 「ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」」の画像3 「ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」」の画像4
「ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」」の画像5 「ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」」の画像6
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク