第8週「紺碧の空」39回〈5月21日 (木) 放送 脚本・吉田照幸 演出・野口雄大〉


「エール」39話 「紺碧の空」がなかなか作曲できない裕一。モデルの古関裕而はどうだったか比較する
イラスト/おうか

ドラマでは裕一の感情に潜っていく

早稲田大学の新しい応援歌「紺碧の空」の作曲を頼まれたものの一向に書けず、締切ギリギリで裕一は断る。それを咎めるかのように音が置き手紙を残して実家に帰ってしまった。がらんとした広い部屋のなかにポツンと残った裕一は、久志(山崎育三郎)を呼び出し相談する。

「紺碧の空」は実在する、それもとても有名な早稲田の応援歌。作曲したのは、裕一のモデルの古関裕而。古関を応援団に紹介したのは、「イヨマンテの夜」などヒット曲を多数もつ歌手の伊藤久男。久志のモデルになった人物である。ドラマでも久志の従兄弟が応援団にいて、その流れで裕一に話が回ってきた。それは実際の出来事と近いものになっている。

「エール」39話 「紺碧の空」がなかなか作曲できない裕一。モデルの古関裕而はどうだったか比較する
写真提供/NHK

このようなことが書かれた、古関裕而に関する新書「古関裕而―流行作曲家と激動の昭和」(刑部芳則著/中公新書)と「古関裕而の昭和史 国民を背負った作曲家」(辻田真佐憲著/文春新書)を読むと、古関裕而も曲ができるまで時間がかかり、できたのは発表会の3日前とある。ただ、そこまでの古関の内面の葛藤は書籍には書かれていない。「エール」はこの書かれていない部分を創作してドラマにしているようである。

この記事の画像

「「エール」39話 「紺碧の空」がなかなか作曲できない裕一。モデルの古関裕而はどうだったか比較する」の画像1 「「エール」39話 「紺碧の空」がなかなか作曲できない裕一。モデルの古関裕而はどうだったか比較する」の画像2 「「エール」39話 「紺碧の空」がなかなか作曲できない裕一。モデルの古関裕而はどうだったか比較する」の画像3 「「エール」39話 「紺碧の空」がなかなか作曲できない裕一。モデルの古関裕而はどうだったか比較する」の画像4