review

「エール」37話 裕一(窪田正孝)がくすぶっている一方で、プリンス久志(山崎育三郎)が魅力を振りまく

第8週「紺碧の空」37回〈5月19日 (火) 放送 脚本・吉田照幸 演出・野口雄大〉


「エール」37話 裕一(窪田正孝)がくすぶっている一方で、プリンス久志(山崎育三郎)が魅力を振りまく
イラスト/おうか

応援歌でつながる裕一と山藤

「おはよう日本関東版」に戻って来た高瀬アナ。木枯らしの「ちょいちょい」「ちょいぽい?」とすっかり「エール」にハマっている様子。

さて、本編。「あれまだ書けてない。え〜」とか「勝ち負け以前の問題です」とかナレーション(津田健次郎)が8週目に来てノリのいい仕事をしはじめた気がする。

「サロンで待ってて」と木枯(野田洋次郎)に言われた裕一(窪田正孝)が早稲田の応援歌を考えて待っていると、木枯と山藤(柿澤勇人)が食事から戻って来た。

改めて山藤を裕一に紹介する木枯。裕一には才能があるし、山藤と合うんじゃないかと言う。だから廿日市(古田新太)があんなに失礼な感じで対応していたにもかかわらず、山藤が裕一に好意的な様子。

ふたりは因縁浅からぬ関係があった。山藤は慶応出身で、学生時代、応援歌「若き血」の歌唱指導をしていたのである。
山藤は、当時、上級生に何度もダメ出しし、「母校愛」を歌に込めさせた思い出を語る。
挑発して、発奮させ「いまのあなたの叫びこそ『若き血』です」と言うという、熱血指導。山藤、坊っちゃんぽく見えて、意外と心の内はたぎっている。家柄はいいがけっこうやんちゃな柿澤勇人にピッタリである。

「若き血」によって慶応が連戦連勝、「勝つのは容易ではないですよ」と山藤に言われた裕一はプレッシャーを感じる。
ここで重要なのが、応援歌によって、スポーツの勝敗が左右されることもあるという認識である。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」37話 裕一(窪田正孝)がくすぶっている一方で、プリンス久志(山崎育三郎)が魅力を振りまく」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    育三郎さんはピアノも歌も惜しみなく披露してくれてありがとうございます。それにしても、小山田先生・・私が学校の音楽の時間で見た山田耕作氏はもっと温厚そうだったのに、こんなにイヤミで感じの悪い人なの?

    2
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年5月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。