review

「エール」36話 早稲田大学の応援歌「紺碧の空」から、第5のミュージカル俳優・柿澤勇人登場と話題満載

第8週「紺碧の空」36回〈5月18日 (月) 放送 脚本・吉田照幸 演出・野口雄大〉


「エール」36話 早稲田大学の応援歌「紺碧の空」から、第5のミュージカル俳優・柿澤勇人登場と話題満載
イラスト/おうか

「おはよう日本 関東版」では、高瀬アナが不在でも桑子アナが朝ドラ送りを順調にやっている。5月18日は、これまでの展開から鑑みて、古山家に押しかけてきた学生服の集団の中に「幼馴染が混じってそうに思いません?」と予想。はたしてその予想は……。

紺碧の空

ものすごい勢いでやってきたのは早稲田大学応援団だった。代表の田中隆(三浦貴大)は裕一に応援歌を作ってもらう気でいて「フレーフレー」と“エール”を送り、「ワッショイワッショイ」と胴上げまで。
なにがなんだか状況を理解できない裕一。ただただおどおどするばかり。
挙げ句、胴上げから落っこちて腰を打ってしまった様子(その瞬間を描いてないが、胴上げされて落ちるのは危険!)
いつもすぐ怒る音だが、応援団には怒鳴らず「病院行ったほうがいいかもね」と冷静。

「エール」36話 早稲田大学の応援歌「紺碧の空」から、第5のミュージカル俳優・柿澤勇人登場と話題満載
写真提供/NHK

そこから、明治36年に遡り、早稲田大学応援団の歴史が豊富な資料映像と撮り下ろし再現映像とともに紹介される。ここで紹介されたことはドラマでご覧になっていただくため省くが、津田健次郎の低音のナレーションはこういうときマッチする。
慶応大学との攻防で、心沸き立つ応援歌が必要ということで、まず歌詞を公募。「紺碧の空」が西條八十によって選ばれた(西條八十役の人〈鈴木信二〉〉、なぜか後ろ姿のみ。鈴木信二は「麒麟がくる」にも出ているアクション俳優と同一人物であろうか)。

急ぎ、曲を頼むことになり、応援団の佐藤幸太郎(斎藤嘉樹)の従兄弟・久志(山崎育三郎)に頼みに行く(このとき、久志はベッリーニの「優雅な月よ」を優雅に歌っている」が、久志は音経由で裕一を紹介する。裕一がスランプであることを心配しているのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」36話 早稲田大学の応援歌「紺碧の空」から、第5のミュージカル俳優・柿澤勇人登場と話題満載」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ナレーションは津田健次郎さんです。名前を間違えるなんて非常に失礼です。 津田洋次郎とか野田洋次郎さんとの名前をごっちゃにするとか…ちゃんと校正しましょうよ

    8
  • 匿名さん 通報

    久志(のモデルとなった人)のいとこが応援団にいた関係で依頼が来たのは史実だそうですよ。ご都合主義ではなく。

    4
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年5月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。