review

「エール」41話 柴咲コウ演じる双浦環のモデルは裕一のモデル・古関裕而と関わりが


←「エール」40話のレビューを読む

第9週「東京恋物語」41回〈5月25日 (月) 放送 作・清水友佳子 演出・野口雄大〉


「エール」41話 柴咲コウ演じる双浦環のモデルは裕一のモデル・古関裕而と関わりが
イラスト/おうか

41回はこんな話


早稲田大学応援歌「紺碧の空」の作曲をきっかけにがぜんやる気になった裕一(窪田正孝)は、福島から幼馴染の鉄男(中村蒼)を呼び上京して詞を書かないかと誘う。作曲は裕一、歌は久志(山崎育三郎)が担当するという案である。
一方、「椿姫」のオーディションに励む音(二階堂ふみ)は双浦環(柴咲コウ)と再会。双浦はオーディションの特別審査員だった。

鉄男と久志の幼少期をおさらい


裕一の元に福島時代の幼馴染が集まった。鉄男は、かつてガキ大将として一目置かれる存在で「乃木大将」と異名をもつほどだった。裕一を「ずぐだれ」(弱虫的な意味)と呼んで厳しく当たっていたが、いじめっ子ではなく、生き方に厳しいだけだった。裕一いわく「筋を通す男」。貧しい家に生まれ苦労しながらも逆境に負けず歯を食いしばって生きていた。本が好きで詩を書いていて、裕一はその詩に曲をつけたこともある(「浮世小路行進曲」)。

大人になって川俣で裕一と再会。新聞記者になっていた。裕一が国際作曲コンクールに応募したのは鉄男のすすめ。東京に行く後押しもした。

久志は転校生として福島の小学校にやって来た。鉄男も思い出していたように、県会議員の息子。存在感はあるのに、気配を消すのがうまく、いつの間にか現れてはすぐいなくなる特技があった。

子供のとき、3人が特別仲良しだったわけではないが、裕一の曲、鉄男の歌詞、久志の歌……とそろってひとつのことができるようになったら素晴らしいだろう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」41話 柴咲コウ演じる双浦環のモデルは裕一のモデル・古関裕而と関わりが」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    もう指摘しない。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年5月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。