review

「エール」43話 二階堂ふみ演じる、弱い男の悩みを聞いて背中を押す肝っ玉キャラが痛快


←「エール」42話のレビューを読む

第9週「東京恋物語」43回〈5月27日 (水) 放送 作・清水友佳子 演出・橋爪紳一朗〉


「エール」43話 二階堂ふみ演じる、弱い男の悩みを聞いて背中を押す肝っ玉キャラが痛快
イラスト/おうか

43回はこんな話


「椿姫」のヒロイン・ヴィオレッタの気持ちを学ぶため音(二階堂ふみ)はカフェーに女給(音江という名で)として一週間の臨時雇いで働くことにする。裕一(窪田正孝)は気が気でない。

あるとき、東京に出てきた鉄男(中村蒼)がカフェーにやって来て、音の先輩・女給・希穂子(入山法子)とただならぬ関係であったことがわかる。

「切り替えていこう」


「おはよう日本関東版」の高瀬アナが42回の「真珠夫人」に反応していた。さすがである。

さて。女給体験入学をはじめた音は夜遅くまでお酒を飲みながら働いているため、音楽学校では居眠りしている。女給として働いていると聞いて同級生たちはびっくり。ライバル・千鶴子(小南満佑子)も遠くからやや険しい顔をしていた。そりゃそうだ。役の気持ちを知るためとはいえ、男性とお酒を酌み交わす職業など、音楽学校に入っているような育ちの良さそうな女性たちから見たら卑しいものと思われていたであろう時代。しかも、学校であくびして寝ているなんて本末転倒である。でもこういう常識にとらわれていない登場人物が痛快と思う人も世の中にはいる。

音はカフェーでお客さんを怒らせてしまうようなところもあるが、ほかの女給にはない豪快な魅力で、気弱な客の愚痴を聞き、どーんっと励まし、人気を獲得していることを、木枯(野田洋次郎)が見て、裕一に報告する。裕一がそういう気弱なタイプだから、その手のタイプには音の肝っ玉母さん的な態度が好まれるのであろう。

一方、裕一は、頼まれた地方小唄の作曲ができず、廿日市(古田新太)にほかの人に頼んだからいいと言われてしまう。せっかくチャンスをもらったのに……とうなだれる裕一に木枯は、作詞した磯貝ってやつは重役の息子で、親の七光りのボンクラで廿日市も持て余していたのだと教え、「切り替えていこう。次。次」と励ます。木枯が信じている裕一の才能が花開く日が待ち遠しい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年5月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。