review

「エール」45話 二階堂ふみ歌う「椿姫」が胸を打つ、「あさイチ」には中村蒼出演「洞窟おじさん」って?


←「エール」44話のレビューを読む

第9週「東京恋物語」45回〈5月29日 (金) 放送 作・清水友佳子 演出・橋爪紳一朗〉


「エール」45話 二階堂ふみ歌う「椿姫」が胸を打つ、「あさイチ」には中村蒼出演「洞窟おじさん」って?
イラスト/おうか

45回はこんな話


裕一(窪田正孝)の初レコード「福島行進曲」の発売を祝う会が喫茶バンブーで行われ、そこに希穂子(入山法子)がやって来た。鉄男のために身を引いた彼女は「結婚が決まった」と嘘をつく。
そのときの希穂子の気持ちを胸に、音は「椿姫」の最終審査に臨み、みごとヴィオレッタ役を獲得する。

二階堂ふみの歌うヴェルディの「椿姫」の一曲で、ヴィオレッタが病に臥せりながらアルフレードとの楽しかった過去を思い返す「Addio, del passato」(過ぎし日よ、さようなら)がもの哀しく心を打った。

人はあべこべ


「椿姫」の最終審査に向けて千鶴子(小南満佑子)はイタリア語の先生についてレッスンに励んでいると聞いて、音は気が気でない。彼女は彼女なりに喫茶バンブーで準備していると、レコード発売祝いをやらないかとバンブー夫妻が提案する。音は、その会に希穂子を誘う。

以前の音は、なんでも額面どおりに受け取っていたが、カフェー「パピヨン」で働いて人生経験を積んだことによって「人はあべこべ」――心の内と言っていることが逆な場合もあることを察することができるようになったのである。

話の流れとしてはいい話なんだが、前のレビューにも書いたが、音が裕一のことを思って身を引こうと文通をやめたことはなかったことになっているんだろうか。あれだって行為と心情はあべこべだったのではないかと思うのだが……。東京編になって違う世界線になったのだろうか。

いや、待て。あのときの音は本気で未練なく裕一との文通をやめるつもりだったのだろうか。焦った裕一が豊橋まで来たから気持ちが変わっただけで、音はその時その時いつも本気(裏がない)だったのかもしれない。それが希穂子と出会ってそうじゃない人もいることを知ったのか。なるほどー。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年5月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。