review

「エール」46話 花王おさむ、千葉哲也、ノゾエ征爾…演劇ファンなら「お!」と思う名優3名投入


←「エール」45話のレビューを読む

第10週「響きあう夢」46回〈6月1日 (月) 放送 作・清水友佳子 演出・吉田照幸〉


「エール」46話 花王おさむ、千葉哲也、ノゾエ征爾…演劇ファンなら「お!」と思う名優3名投入
イラスト/おうか

46回はこんな話


裕一(窪田正孝)の初レコード「福島行進曲」はまったく売れなかった。が、鉄男(中村蒼)は思いきって新聞社をやめ、東京に出てきた。裕一はコロンブスレコードの廿日市(古田新太)に鉄男を紹介するが……。

鉄男が切ない


「エール」は一見ドタバタに見えるが、なんとも苦いドラマである。主人公の幼馴染が3人集まって「福島三羽ガラス」として歌謡界に颯爽と羽ばたいていくかと期待させながら、久志(山崎育三郎)は無名だからと排除され、鉄男の作った歌詞は廿日市に酷評されてしまう。

廿日市は売れることしか考えていないのでそんな人にわかったように値踏みされることが悔しい。
鉄男のことを彼の歌詞から「トランプくん」なんて呼び、故郷・福島を馬鹿にする廿日市はとことん安い人間である。上にへつらいうまいことをやってわからないことは馬鹿にする。ちなみに「福ビル」は、当時、福島のランドスケープだった「福島ビルヂング」のことである。

仕事をもらいに来たのについ歯向かってしまう鉄男を止める裕一。ふたりが並ぶと、鉄男がいくぶん小柄。子供のときは「乃木大将」と呼ばれ裕一よりも大きく強そうだったのに、いまでは体格が負けてしまっている。たぶん、優秀な新聞記者だったと想像する。だからこそ社長の娘にも気に入られ、社長にも婿にと言ってもらえたのだろうが、切れ者の新聞記者という感じではなく、反骨精神で他人に媚びず、ふだんは朴訥な詩が好きな人のような感じ。

そんな鉄男のモデルになった野村俊夫はやがてヒット曲を出すので、いずれ鉄男もそうなるだう。久志のモデルの伊藤久男と三人で組んだ曲もある。福島三羽ガラスの活躍はまだ先のお預け。

代わりに裕一は、テイコクレコード(モデルはテイチクレコード)に移籍するという木枯(野田洋次郎)に高梨一太郎(ノゾエ征爾)を紹介される。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」46話 花王おさむ、千葉哲也、ノゾエ征爾…演劇ファンなら「お!」と思う名優3名投入」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    おでん屋のおやじさん、妙に存在感ある・・・って思ってたら名優だったんですね。 情報ありがとうございます。

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年6月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。