review

「エール」47話 裕一、最後のチャンス「船頭可愛や」 モデル古関裕而の場合、どのように誕生したか


←「エール」46話のレビューを読む

第10週「響きあう夢」47回〈6月2日 (火) 放送 作・清水友佳子 演出・吉田照幸〉


「エール」47話 裕一、最後のチャンス「船頭可愛や」 モデル古関裕而の場合、どのように誕生したか
イラスト/おうか

47回はこんな話


木枯(野田洋次郎)に紹介された作詞家・高梨一太郎(ノゾエ征爾)に彼の詞それは「船頭可愛や」に曲をつけてほしいと頼まれた裕一(窪田正孝)。廿日市(古田新太)からはこれが最後のチャンスと突きつけられる。
一方、音(二階堂ふみ)は「椿姫」の稽古がはじまったが、うまくいかずに悩んでいた。

最後のチャンス「船頭可愛や」


コロナ禍における外出自粛も解けて、全国的に出社する人も増えたであろう6月1日(月)放送の46回は視聴率も21.9%と高く好調の「エール」。やっぱり朝ドラは今日も一日頑張るぞーという朝の支度と共にあるドラマなんだなあと思う。

ドラマでも裕一も音も頑張っている。まず裕一は「船頭可愛や」に挑む。がしかし、

廿日市「仏の顔もなんとやらだよ」
杉山「三度までです」

さらに、「船頭可愛や」が売れなかったら、契約終了、これまで前貸ししていた契約金も一括で返却してもらうと廿日市に言われてしまう。
いくら大物・小山田(志村けん)の紹介とはいえ、2年も成果を出せないのでは、廿日市も我慢の限界のようだ「仏の顔も三度」ってまだレコード2枚目だけれど……。

廿日市も廿日市で、もっと売れるための計画を裕一と共に練ればいいのではと思うが、抜本的な改革は行わず、高梨一太郎が作詞と聞いてふたつ返事でレコード化を許可し、歌手には流行りの芸者を起用しようと軽いノリ。しかも、結局、芸者はギャラが高いので、下駄屋の娘を芸者・藤丸(井上希美)ということにして起用。どこまでも調子がいい。

幸い彼女は歌がすこぶるうまく、廿日市も悪いところばかりではないと思わせたのだが……。井上希美は劇団四季出身。張りのある美声を披露した。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」47話 裕一、最後のチャンス「船頭可愛や」 モデル古関裕而の場合、どのように誕生したか」の みんなの反応 1
  • 続きを 通報

    「エール」47話のレビュー「井上希美は劇団四季出身。張りのある美声を披露した。」の続きを読みたいのですが、「2」も「3」も、クリックしても「1」と同じ画面になってしまいます。どうしたら読めますか?

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年6月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。