review

「エール」48話 柴咲コウが演じるオペラ歌手、実際は志村けん演じる重鎮作曲家よりも年上だった


←「エール」47話のレビューを読む

第10週「響きあう夢」48回〈6月3日 (水) 放送 作・清水友佳子 演出・吉田照幸〉


「エール」48話 柴咲コウが演じるオペラ歌手、実際は志村けん演じる重鎮作曲家よりも年上だった
イラスト/おうか

48回はこんな話


「船頭可愛や」を双浦環(柴咲コウ)が歌い大ヒット、裕一(窪田正孝)のメロディが街中に流れるようになった。

壁ドン三羽ガラス


「いってきまーす」

訓練の成果が出ている良い声でおでかけの挨拶をする音。
声は溌剌としているが、古山家は風前の灯。
「船頭可愛や」が全然売れず、このままでは契約が打ち切られるうえ、前借り分も返さないとならない。
悲壮な顔をする裕一だが、「『なんとかする』とすぐに言っちゃうのが古山家の悪いクセです」(ナレーション)ということで。なんとかしようとしてるのかしてないのか、結局裕一はなんにもできない。ただおろおろするばかり。

良い曲なのになんで売れないのか悩むと、歌った藤丸(井上希美)は私が「下駄屋の娘だから」と自虐。
それを壁ドンして慰めるのは、久志(山崎育三郎)。しばらく呆然(ときめき?)とする藤丸の顔を映し続けていたのが可笑しかった。
その後、鉄男(中村蒼)が裕一に壁ドン。
最後に、裕一がエアで「ドーン」。

窪田、中村、山崎のパス回しがじつにうまく、井上希美もアクセントになって、ベタな壁ドンネタを芸の域に高めているところは評価に値する。次々新しいネタを考えていくのもひとつのやり方だが、ひとつのネタをずっとやり続け名人芸にしていくことも大事なのである。
さらに、もうひとつ、忘れた頃に、廿日市が壁ドン(ポスタードン)することで、48回は極めて美しい調和を成していた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」48話 柴咲コウが演じるオペラ歌手、実際は志村けん演じる重鎮作曲家よりも年上だった」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    コロンブスレコードのモデルは、(日本)コロ「ム」ビアではありませんか? ずっとコロ「ン」ビアと表記されていてムズムズします。

    3
  • 匿名さん 通報

    当年68歳になりますが「船頭可愛や」は昔聞き覚えがあります。劇中の柴咲コウさんの歌が上手ですっかりハマりました。今でも通じるのではないでしょうか。

    2
  • 匿名さん 通報

    「船頭可愛いや」藤丸さん版も環先生版もどちらも素晴らしい。せっかく個性的な作詞家さんが登場したので、なぜ「船頭が可愛い」のか掘り下げて欲しかったような。

    1
  • 匿名さん 通報

    三浦環さんは確かに山田耕筰より少し年上ですが、「船頭可愛や」発売当時の年齢は、小山田耕三を演じた志村けんさんより若いです。まあ柴咲コウよりは年上ですが。タイトルだけ見るとすごく高齢のように感じる。

    0
  • フワ マンサクちゃん 通報

    山田耕筰あんなに悪く描いて大丈夫? 後で「実は古山を厳しくも温かく見守っていた」…と帳尻合せるつもりなんやろけど。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年6月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。