第10週「響きあう夢」49回〈6月4日 (木) 放送 作・清水友佳子 演出・吉田照幸〉

「エール」49話 双浦環(柴咲コウ)が音に覚悟を問う名言「プロは子供が死にそうでも舞台に立つもの」
イラスト/おうか

49回はこんな話

音(二階堂ふみ)が妊娠。子育てするため音楽学校を辞めないといけないと覚悟するも、「椿姫」だけは絶対に成し遂げたい。母になる夢も歌手になる夢も両方叶えると誓う音。だが、周囲の反応は微妙なものだった。

音が妊娠


「え〜〜〜〜」
と裕一(窪田正孝)の素っ頓狂な声からはじまった49回。この「え〜〜〜」は「まんぷく」の福子(安藤サクラ)的なパターン。「明るく元気にさわやかに」は朝ドラヒロインの定義。窪田正孝は朝ドラヒロインを演じているのである。

音が妊娠した。裕一は大喜び。さっそく喫茶バンブーの夫妻にも報告する。恵(仲里依紗)は「妊娠は命がけの仕事だから」と裕一にアドバイスする。恵は体験あるんだろうか。さすがに「思い出すわ、私が出産したとき……」とは言い出さなかった。

音もさっそく、「椿姫」の稽古で妊娠を報告。演出家(千葉哲也)はてっきり降板するものと思って「残念だ」と言うと、やめないと返す音に、みんなびっくり。最初に「おめでとう」と祝福した久志(山崎育三郎)すら、ちょっと視線を落していた。山崎育三郎ってめっちゃキラキラ瞳のときと、ブラックな瞳のときの落差が激しい。

ほかの出演者は戸惑って、役を替えたほうがいいんじゃないかと影で言う。見かねた千鶴子(小南満佑子)は「やっぱりあなたは強欲ね」と音に注意。妊婦が座組にいることで「みんな思いっきり練習ができない」と苦言を呈す。

このときの千鶴子はテーブルでピアノを弾くように指を動かし、その指先のアップ。千鶴子が音楽と共に生きている人であることが伝わってきた。これぞ、脇役魂。脇役は、出番も台詞も少ない。千鶴子は最初に、歌の実力は学校随一みたいに説明がされて、演じているのがミュージカル俳優なので、実際に歌うシーンも説得力があった。

この記事の画像

「「エール」49話 双浦環(柴咲コウ)が音に覚悟を問う名言「プロは子供が死にそうでも舞台に立つもの」」の画像1 「「エール」49話 双浦環(柴咲コウ)が音に覚悟を問う名言「プロは子供が死にそうでも舞台に立つもの」」の画像2 「「エール」49話 双浦環(柴咲コウ)が音に覚悟を問う名言「プロは子供が死にそうでも舞台に立つもの」」の画像3 「「エール」49話 双浦環(柴咲コウ)が音に覚悟を問う名言「プロは子供が死にそうでも舞台に立つもの」」の画像4
「「エール」49話 双浦環(柴咲コウ)が音に覚悟を問う名言「プロは子供が死にそうでも舞台に立つもの」」の画像5