review

「エール」42話 またまた仲里依紗熱演。二階堂ふみと山崎育三郎も参戦、喫茶バンブー劇場


←「エール」41話のレビューを読む

第9週「東京恋物語」42回〈5月26日 (火) 放送 作・清水友佳子 演出・橋爪紳一朗〉


「エール」42話 またまた仲里依紗熱演。二階堂ふみと山崎育三郎も参戦、喫茶バンブー劇場
イラスト/おうか

42回はこんな話


「椿姫」のオーディションの二次審査に残った音(二階堂ふみ)だったが、双浦環(柴咲コウ)に「何も伝わらなかったの、あなたの歌からは」と言われてしまう。

喫茶バンブーでやけ食いしながら、音は「椿姫」の内容をざっと振り返ってみることに。
保(野間口徹)と恵(仲里依紗)のバンブー劇場のはじまりはじまり〜。

バンブー劇場開幕


「椿姫」のヒロイン、最有力候補は、東京帝国音楽大学の優秀生・夏目千鶴子(小南満佑子)。彼女には技術ではとうてい敵わないと思った音は表現力で対抗しようと試みたが、特別審査員の環の評価は厳しかった。

表現で……と言っていた音だが、審査で「歌ってるときに何を考えていたか」と環に質問され、歌って楽しいと思っていたと答えている(41回)。楽しさを表現していたってことなのか。でも「椿姫」ってそういう話しではない。悲恋である。環は音に「自分だけ楽しんでいてはプロではない」と指摘した。

ということで、喫茶バンブーで、裕一(窪田正孝)と共に音の愚痴を聞いていた久志(山崎育三郎)が保と恵に「椿姫」を演じさせる。窓際の客席をどかして、店内に簡単な舞台をつくってまで。カウンター席が客席で、裕一と音はそこから見る。歌いながら真っ赤な緞帳を引っ張る久志。衣裳もあって、スポットライトまで点灯している。誰が照明やっているんだ? 脳内劇場という設定か。

久志は歌に解説、演出も担当。保はヴィオレッタに恋する青年アルフレードと、その父の二役。恵はヴィオレッタ。
保は慣れない演技でやや棒読み、恵は熱演。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」42話 またまた仲里依紗熱演。二階堂ふみと山崎育三郎も参戦、喫茶バンブー劇場」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    バンブー劇場面白過ぎ!久志監督の歌唱と身のこなしも惚れ惚れ。山崎さんと窪田さんどちらも野球少年だったと土スパで解り不思議な縁を感じました。

    0
この記事にコメントする

「音楽 + アプリ」のおすすめ記事

「音楽 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年5月26日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 音楽 アプリ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。