review

「花子とアン」の蓮子さまは「真珠夫人」のモデル。華麗なる「白蓮事件」をチェック

「花子とアン」の蓮子さまは「真珠夫人」のモデル。華麗なる「白蓮事件」をチェック
『真珠夫人』菊池寛/文春文庫
「花子とアン」第8週「想像のツバサ?」(5月18〜23日)では、はな(吉高由里子)が女学校を卒業して、故郷甲府の母校で教師になりました。

生徒の中には、昔のはなと同じに「想像の翼」を広げている少女もいます。その想像の翼が、生徒達の間で波紋を呼び、事件に発展。結果、はなと朝市(窪田正孝)の関係が、相合い傘でからかわれることになりました(火曜44回)。
とはいえ、残念ながら、ふたりの仲は進展しそうにありません。
5月24日放送の「スタジオパーク IN 山梨」でも、吉高由里子と窪田正孝が、ふたりは「友達以上恋人未満」と発言していました。朝市は薄々気づいているのです。はなが、甲府の狭い世界で人生を満足しそうにないことを。好きな人と住む世界が違っていく感じって、切ないですね。

やがて、はなは「みみずの女王」という童話を書き、児童向け文芸誌で入賞します(金曜47回)。ところが、せっかくペンネーム「安東花子」にしたにも関わらず、なぜか、「安東はな」に直っていて、落胆。腹心の友・蓮子(仲間由紀恵)が提案してくれたペンネームを使ったというのは、遠く離れた蓮子に気づいてほしかったのかもしれません。はな、結局、蓮子が大好きなんですねえ。

名前の間違いについて、はなは、印刷屋の村岡(鈴木亮平)が勝手に直したと思って憤慨します。実は直したのは、洋装の職業婦人になった醍醐(高梨臨)で、修和女学校の先生や生徒たちに気づいてほしいという思いからだったのでした(土曜48回)。いや、でも、女学校の人たちは、さんざん、はなが「花子と呼んでくりょう」と言うのを聞かされていて、呼ばなくても、認識はしていたでしょう。にも関わらず、醍醐さんも含めて、認識すらされてなかったってことですか。残念過ぎます。

あわせて読みたい

  • 本日スタート。朝ドラ「花子とアン」の主人公・村岡花子は元祖「池上彰」だった?

    本日スタート。朝ドラ「花子とアン」の主人公・村岡花子は元祖「池上彰」だった?

  • 女の野蛮が詰まった「アリスの棘」6話

    女の野蛮が詰まった「アリスの棘」6話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年5月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

    次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    花子とアン

    花子とアン

    「花子とアン」は2014年春のNHK朝ドラ。モンゴメリの『赤毛のアン』を日本に紹介した翻訳家・村岡花子(1893-1968)を、吉高由里子が演じる。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース