review

『愛の不時着』あらすじ 岩ちゃんも「キュンキュンした!」 男性もハマるのはヒロインが強いから

←【レビュー】「梨泰院クラス」 マイノリティの集まるイテウォンを舞台に繰り広げられる「半沢直樹」ばりの壮絶な復讐劇

『愛の不時着』あらすじ 岩ちゃんも「キュンキュンした!」 男性もハマるのはヒロインが強いから
イラスト/おうか

7週間にわたる緊急事態宣言で自宅での自粛を生活を余儀なくされた間、お家で映画・ドラマ三昧だったという方も多かったはず。そこで話題になったのが、Netflixで配信されている韓国ドラマ『愛の不時着』だ。

話題の『愛の不時着』に男性もハマる理由


この期間のNetflixチャートで1位に君臨していた本作。韓国ドラマといえば“オバサンがハマるもの”というイメージを覆し、「キュンキュンした!」という岩田剛典さん(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)をはじめ、片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、テリー伊藤さんなど男性がハマったのも特徴といえる。

なぜ、男性がハマったのか? それは、「ヒロインが強かった」からではないだろうか。これまでの韓国ドラマのヒロインといえば、「出生の秘密」「どん底生活」「財閥御曹司との出会いで逆転人生」のコンボが定番。特に何のスキルもないけれど、美人だったら白馬の王子さまに見初められてめでたしめでたしなストーリーが多かった。

ところが『愛の不時着』のヒロイン、ユン・セリ(ソン・イェジン)は、お金持ちの財閥2世。高飛車でワガママだけれど、ダメ2世の見本のような兄たちと違い、起業家として成功している自立した才色兼備だ。

不測のパラグライダー事故で北朝鮮に不時着してしまったセリは国境警備にあたっていた北朝鮮軍の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)と出会い、恋に落ち、彼の捨て身の助けを得て、どうにか韓国への帰国を果たす。

男性主人公リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)は、北朝鮮軍高官のひとり息子という名門出身で、ピアノの天才。部下からの人望も厚く、非の打ちどころがないイケメンというところは、韓国ドラマのド定番だ。

もちろん、反発していたふたりが恋に落ちるという王道のロマンスもしっかりあるが、アクションもあるセリを守るヒーロー展開や、悪徳将校との因縁の対決というサスペンス展開まで、ラブ一色でないのも男性がハマる一因だろう。

これまでの韓ドラのヒロインは守られる存在が常だった。セリは、北朝鮮というアウェーの地でこそ守られていたが、ソウルというホームに戻れば「ここは私の世界。自分の財力、権力すべてを動員して自分を守る」とキッパリと言ってのける。そしてしたたかに、自分の権力を使ってジョンヒョクと会える方法を算段する強さがある。

資本主義社会ですべてを手に入れたかのようなセリだったが、その生い立ちは複雑で、愛を知らずに育った彼女にとって一番必要だったのは、王子さまやヒーローではなく、彼女自身を愛してくれる存在だったのだ。

男性からしたら、これまでの韓国ドラマのヒロインは、財力も権力も腕力も知力も、そして癒しさえも……、彼女が持っていないものすべてを与えなくてはいけない恐怖の存在だったが、セリは、イーブン。だから、『愛の不時着』は安心して見ることができるのかもしれない。『リトル・マーメイド』のアリエス以降のディズニープリンセスたちも、自分から何かを求めて突き進む女性たちに変化しているが、韓国ドラマのヒロイン像も同様に変わってきているようだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月31日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。