review

「エール」56話 朝ドラ名物・幽霊登場の回。高瀬アナの言う「わろてんか現象」とは


←「エール」55話のレビューを読む

第12週「父、帰る 前編」 56回〈6月15日 (月) 放送 作・吉田照幸〉


「エール」56話 朝ドラ名物・幽霊登場の回。高瀬アナの言う「わろてんか現象」とは
イラスト/おうか

56回はこんな話


今週は特別編。10年前に亡くなった音の父・安隆(光石研)があの世から音に会いにやって来た。
くじが当たって一泊二日、この世に戻れることになったのだ。

シュールな幽霊コント?


おどろおどろしい音楽からはじまった56回。
極めて善人だった音のお父さんがなぜ地獄にいるの? と思った人も多いのではないだろうか。
ただ、「エール」の地獄はつねに23度の適温に設定された快適な場所らしい。年に2回、“ジャンボ宝くじ”があって、一等が当たると一泊二日、地上に帰ることができるという福利厚生(?)もちゃんとあって、なかなかいいところのようである。

閻魔様(橋本じゅん)に現世に行ったときの注意事項などを聞いて、「いってらっしゃ〜い」と桂三枝のモノマネで送り出される安隆。一泊二日の旅を終えたとき、棒を折ることであの世に帰れるが、棒を折らないと、誰にも気づかれずさまよえる魂になってしまうのだとか……。

音が華に「ぼうやは良い子だ」と子守唄を歌っていると、「女の子か〜」とお父さんが感慨深げに現れる。
女の子の華に「ぼうやは」「ぼうやは」と歌いかけ続けていることは、あの世のお父さんがこの世にやってくるという、ひっくり返しの呪文のようである。

「ぼうやは良い子だ」の子守唄がシュールな世界のはじまりを告げるかのように、幼い頃、突然、出張先で電車にはねられて死んだお父さんが現れて、華が目線を幽霊に向け、音も顔をあげ、ぎゃーっと激しく驚く。でもすぐに慣れて普通に接し始める。

「(感動的な)お父さん…! みたいな期待もあったから」と言うお父さんに、「無理でしょう、そんな格好で現れたら」と音はいたってクール。

あの歌が感動を呼ぶ


お父さんがあの世でもらった20銭のお小遣いを渡される音。「お団子買ってきてくれんか」と言われた途端、思い出が蘇り、音は父を抱きしめる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」56話 朝ドラ名物・幽霊登場の回。高瀬アナの言う「わろてんか現象」とは」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    音の家族はクリスチャンではなかったかな? 閻魔様のいらっしゃるところで、経帷子に天冠って…何故?

    5
  • 匿名さん 通報

    地獄だったの?閻魔様がいる場所は天国行きか地獄行きかを判断する場所じゃないのかな?

    0
  • 匿名さん 通報

    光石研がすぐにいなくなって朝ドラ見るのやめてた。再放送見ようかな。

    0
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年6月15日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。