review

「エール」61話 ミスタータイガース掛布雅之 「六甲おろし」を歌うも、出番はアヴァンのみ


←「エール」60話のレビューを読む

第13週「スター発掘オーディション!」 61回〈6月22日 (月) 放送 作・嶋田うれ葉〉


「エール」61話 ミスタータイガース掛布雅之 「六甲おろし」を歌うも、出番はアヴァンのみ
イラスト/おうか

61回はこんな話


コロンブスレコードと契約して5年、裕一は作曲家として低め安定の日々を送っていた。鉄男はおでん屋をやりながら作詞を続けている。音楽学校ではプリンスと崇められていた久志はオペラにこだわって仕事がなかった。福島三羽ガラスの活躍の日々は来るのか……。

ミスタータイガース 「六甲おろし」を歌う


コロナ禍により無観客ながらプロ野球も開幕した。いいタイミングでドラマでは裕一が阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」こと「大阪タイガースの歌」(のちに「阪神タイガースの歌」に変更)を作り、依頼した阪神の関係者が大喜びで、裕一と記念写真を撮る。
そのなかでひときわ目立つ人物が阪神のレジェンド、ミスタータイガースこと掛布雅之であった。1分にも満たない出番ながら掛田寅男という役名まであった。

掛布は、NHK大阪局が制作した朝ドラ「ふたりっ子」に本人役で登場して以来の朝ドラ出演。そのときは、巨人軍の原辰徳も登場し、阪神ファン、巨人ファン両方を楽しませたが、「エール」では阪神のみ。裕一のモデルである古関裕而は阪神のみならず巨人の応援歌も作っているのだが、「六甲おろし」のほうが早く昭和11年で、巨人の応援歌は3年後の昭和14年に「野球の王者」、その後、時を経て、昭和38年に有名な「闘魂こめて」が誕生と、もうすこし先の話となる。「エール」では「野球の王者」や「闘魂こめて」で巨人関係者が登場することははたしてあるだろうか。

ちなみに、コロンブスレコードのモデルであるコロンビアレコードから出ている「野球ソングス」というアルバムで「野球の王者」「栄冠は君に輝く」などを歌っている伊藤久男こそ「エール」のプリンス・久志のモデルの人物である。

「野球の王者」を歌っていた伊藤久男をモデルした久志はドラマでは……


13週は伊藤久男をモデルにした久志が中心になる。12週の「古本屋の恋」ではこまっしゃくれた子供時代の久志が、喫茶バンブー夫婦のキューピッドであったことが描かれたように、昔からふらっと現れたかと思うと何かと人の役に立ってきた不思議な人物である。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「音楽 + アプリ」のおすすめ記事

「音楽 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年6月22日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 音楽 アプリ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。