review

「エール」63話 プリンス久志(山崎育三郎)VS スター御手洗(古川雄大)の発声バトル


←「エール」62話のレビューを読む

第13週「スター発掘オーディション!」 63回〈6月24日 (水) 放送 作・嶋田うれ葉〉


「エール」63話 プリンス久志(山崎育三郎)VS スター御手洗(古川雄大)の発声バトル
イラスト/おうか

63回はこんな話


コロンブスレコードの社運をかけた新人歌手オーディションに久志が応募することになった。そこへ強力なライバルが登場。豊橋から音の声楽の先生・御手洗がオーディションを受けに上京してきた。プリンス久志 VS スター御手洗が火花を散らす。

「ウインクは危険だよ」


コロンブスの敏腕社員・杉山は今度のオーディションには、バンツマこと阪東妻三郎のような「存在感のある顔立ち」を求めていた。もちろん顔だけでなく実力も伴っていないといけない。「知性と品性とたくましさと3オクターブが難なく出せる天才を求めています」と杉山は裕一に言う。会社の総意と言うが、どうやら自分の趣味らしい。

阪東妻三郎とは、古畑任三郎でおなじみの田村正和を三男とする俳優田村三兄弟(田村高廣、田村正和、田村亮)の父であり、当時の剣戟4大スターのひとり。ただ、ドラマの時代設定の昭和11年は一度、阪妻時代は終わりかかっていて、阪妻プロは解散している。だがその後また復活する。

阪妻を求める杉山は、プリンス久志の顔を見てもなんの反応もしない。淡々と応募書類を受け取るのみ。残念。久志、阪妻には叶わずか。ウインクしなかったからか。でも杉山はポーカーフェイスなので、内心「あら美形(ハート)」とときめいていたかもしれない。

ここで重要なのは、廿日市の記憶のよさ。久志と会ってから4年も経過しているのに「ひらひらシャツ男」と久志を覚えているとはすごい。

音は「ウインクは危険だよ」と警戒している。なぜなら、音楽学校時代、誰彼構わずウインクして女子生徒を虜にする罪な男だったから。歌の仕事がなく、いつのまにか芸者になった藤丸にも「僕がコロンブスに所属した暁にはデビュー曲のB面でデュエットしよう」とウインクして、ふたりだけでおでん屋を出ていく。少年の頃はあれほど利発だったのに、なんでこんなに軟弱になったのか……。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年6月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。