review

「エール」64話 仲里依紗の歌声に「ゼブラーマン」で歌っていたことを思い出した


←「エール」63話のレビューを読む

第13週「スター発掘オーディション!」 64回〈6月25日 (木) 放送 作・嶋田うれ葉 演出:野口雄大〉


「エール」64話 仲里依紗の歌声に「ゼブラーマン」で歌っていたことを思い出した
イラスト/おうか

64回はこんな話


コロンブスレコードの社運をかけた新人歌手オーディションの書類審査に合格したプリンス久志とスター御手洗。いよいよ実技試験。そこには応募総数800人をくぐり抜けたツワモノばかり。はたして最終審査に残ったのは……。

裕一の立ち位置って…


裕一は新人歌手の曲も頼まれているのに、やたら、久志を廿日市にアピールして、おまけに、廿日市の好みの曲を調べたりもして、久志の課題曲に注意事項もアドバイスして、これって不公平じゃないのか。

音の「椿姫」のときも特別審査員の環(柴咲コウ)にあからさまに贔屓にされていて。主人公ファースト過ぎる。ドラマだからいいけれど現実にこんなことが目の前で起こっていたら、理不尽過ぎて、いつも電車が目の前で発車してしまう呪いをかけたくなるぞ。

審査のときも、社長や役員や廿日市や杉山にまじって審査ブースにいる裕一。曲を書くからだろうけれど、作詞家は来ないのか。代わりに藤丸がいるのも謎。それで、あからさまに久志をガラス窓越しに応援しているのである。苦笑せざるをえない。

最終審査にはいろんな人が


さて、審査。
帝都ラジオ会長の息子・寅田熊次郎(ジュノンボーイコンテンスト出身の坪根悠仁)が「東京ラプソディ」を、鉄道員のモノマネを入れてくる岡島敦(NHKのど自慢で優勝経験もある演歌歌手で、鉄道好きの徳永ゆうき)が「鉄道唱歌」を、73歳の林喜一(殿さまキングスの宮路オサム)が「東京行進曲」、三味線弾き語りの水川ながし(津軽蛇味線の名手、コロンビアレコード所属の彩青)が「ソーラン節」……といった面々が美声を聞かせる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年6月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。