review

「エール」62話 森山直太朗と山崎育三郎の歌う「故郷」が染みた良い朝。子・久志もかわいい


←「エール」61話のレビューを読む

第13週「スター発掘オーディション!」 62回〈6月23日 (火) 放送 作・嶋田うれ葉〉


「エール」62話 森山直太朗と山崎育三郎の歌う「故郷」が染みた良い朝。子・久志もかわいい
イラスト/おうか

62回はこんな話


東京帝国音楽学校ではプリンスと崇められていた久志だったが、卒業後はオペラにこだわって仕事がなかった。そもそも久志はなぜ歌が好きになったのか? 久志の少年時代、歌に目覚めたときの物語。

久志の過去が明かされる


冒頭、大人久志の山崎育三郎が出てきて本を朗読するようなスタイルは、その昔、山崎が出ていた「おやすみ王子」という小説を読み聞かせる番組を思い出した人もいるのではないだろうか。

ここで山崎と子役・山口太幹が交代。第12週の特別編「古本屋の恋」でも登場した、子供久志のターンに。ベールに包まれた久志の子供時代とはーー。

思えば、裕一は主人公だから当然のごとく家のことがつぶさに描かれ、鉄男もごく一部ではあるが、家の様子が描かれていた。簡単におさらいしておくと、裕一の家は呉服屋で、音楽に親しみながらも店の経営の悪化により養子問題が勃発、東京に出てきた。

鉄男は魚屋の息子。父が働かず借金をこさえて夜逃げしたが、藤堂先生(森山直太朗)の紹介で新聞社に入り、配達員から始めて記者になった。子供の頃から詩が好きで、いまは作詞家を目指している。

こうして見ると、裕一と鉄男、ふたりとも、やりたいことをやらせてもらえない親から逃げてきている。男の子だけど朝ドラヒロインぽい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「音楽 + アプリ」のおすすめ記事

「音楽 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年6月23日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 音楽 アプリ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。