review

『逃げるは恥だが役に立つ』ムズキュン特別編最終話 最終回は冷静に考えるとなかなか酷い

←『逃げるは恥だが役に立つ』10話レビューを読む
『逃げるは恥だが役に立つ』ムズキュン特別編最終話 最終回は冷静に考えるとなかなか酷い
逃げるは恥だが役に立つ/TCエンタテインメント
→Amazonでチェックする

新型コロナ感染拡大の影響で、各テレビ局では過去の番組の再放送や再編集版、傑作選などが多く放送されている。

TBSにて、2016年10月〜12月にオンエアされた「逃げるは恥だが役に立つ」特別編が放送された。エキレビ!で本放送時に掲載した、沢野奈津夫氏によるレビューを再掲する(日付などは当時のまま掲載)。

悪いヤツが居なくても事件は起こる


前回の梅原(成田凌)の「生きて会えるんだから」という意味深発言。生き死に問題を匂わせて少し強引に引きを作った感じはしたが、沼田(古田新太)との対面シーンの笑顔はすごい良かった。

「逃げるは恥だが役に立つ」には、悪いヤツが登場しない。裏切りもなければ、別れもない。誰も死なないし、大病にもかからない。不可抗力の交通事故も起こらない。簡単に言うと、“嫌なこと”が起こらない。

悪役や嫌な出来事は、物語の山場を作りやすい。悪をくじけば爽快感が生まれるし、病気や人の死を乗り越えれば感動が生まれる。

この「逃げ恥」にももちろん山場は存在する。みくり(新垣結衣)が実家に帰ってしまったり、津崎(星野源)のプロポーズを断ったり、この話の根幹である契約結婚というのも大きな山場の一つだ。全ての事件は、登場人物の弱さから起きている。このドラマは人間の弱さが人を傷つけているのだ。

例えば、みくりが実家に帰ってしまったシーン。津崎(星野源)の弱さが、みくりの夜の誘いを断ったことから起きてしまった事件だ。他にも百合(石田ゆり子)の臆病さが風見(大谷亮平)を傷つけている。

登場人物がよく考えるとひどいことしてる


その“弱さ”というのが、冷静に考えるとなかなかにひどい。津崎は自分のプライドのために思いっきりみくりに恥をかかせているし、みくりも自分の都合や勝手な正義感を人に押し付けるきらいがある。風見は、その鉄壁の防御とも言える超理論で初登場時にとんでもない彼女のフリ方をしているし、百合は凝り固まった思考で当たり前のようにイケメン差別をする。沼田(古田新太)なんて、自分の単純な好奇心で2人の寝室を覗くわ、人の詮索ばかりするわでやりたい放題だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『逃げるは恥だが役に立つ』ムズキュン特別編最終話 最終回は冷静に考えるとなかなか酷い」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    馬鹿ばっかりで今の日本にぴったりということか。差別主義者で、虐殺された朝鮮人慰霊碑への参拝すら拒否したクズの小池が再選されるしな。良心の無い国になってしまった日本。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。