review

SNSで話題の不気味映像『コリアタウン殺人事件』 狂っていく撮影者…虚実の境目の溶け方がマジっぽい

       
SNSで話題の不気味映像『コリアタウン殺人事件』 狂っていく撮影者…虚実の境目の溶け方がマジっぽい
コリアタウン殺人事件/Amazon Prime Video

→視聴する

監督も出演者も一切不明! 謎のファウンド・フッテージ


『コリアタウン殺人事件』は、冒頭からわかりづらい。どうやらスマホかなにかで撮影されたらしい、ガビガビの画質。手で持って撮っているので、画面がガタガタ揺れる。そこに映るのは、夜中に発生したなんらかの犯罪の現場、そして翌朝の路上に残る血痕。どうやらロサンゼルスに住む撮影者の家の近くのコリアタウンで、タエ・クゥアン・サンという男が自分の妻に殺される事件が発生したらしい。撮影者の男は、それを自分が「調査」するという。

しかしその「調査」は、どうにも危なっかしい。冒頭で彼は事件のあらましを話すのだが、その話の内容というのがどうにも分かりづらい。理解できないわけではないのだが、言いたいことをワーッと話しまくるだけの人の話に特有の、絶妙な理解しにくさがある。調査といっても家の近所を歩き回り、行き当たりばったりにその辺の人に話しかけ、「事件のこと、なんか知ってる?」とか質問するだけ。暇に任せてプラプラしてるだけのようにも見えてくる。

だが、撮影者の男は「調査」にのめり込み、ついには仕事をクビになる。同居していると思しきパートナーの女性にも愛想をつかされ、それとともにより強く調査にのめり込むという悪循環にハマっていくことに……。しまいには聞き込みの最中に「あんた大丈夫か?」と逆に質問され、壁の落書きや何度も路上で目にするキリスト教の牧師の姿にも「意味」を見出すようになる。

ここまでなら、「なるほど、この映画はミイラ取りがミイラになっていくまでの過程を描いたものなのだな」と納得もいく。しかし、『コリアタウン殺人事件』が恐ろしいのはここからである。「タエ・クゥアン・サンのことを知っている」と話すホームレスの老人が登場して以降、映画はどんどん危険な方向に。事件の鍵となる謎のガレージ、そしてそこに突入しようとした撮影者の男。どんどんのっぴきならないことになっていく画面を、我々はただやきもきしながら見ていることしかできない。

『コリアタウン殺人事件』は、いわゆるファウンド・フッテージものの映画である。「とある場所で見つかった、よくわからない記録映像です」という体裁をとったものであり、その体裁ゆえに撮影に使う機材や撮影環境、出演者などはロークオリティでも全然OK。むしろちょっとガタガタしていた方が生々しく見えるというジャンルであり、それゆえに低予算で作ることができるという利点がある。1999年の『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のヒット以降この手の映画は量産されまくったが、『コリアタウン殺人事件』の不気味さは頭二つほど抜きん出ている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。