review

『半沢直樹』1話 顔筋を激しく動かし続ける堺雅人・市川猿之助 視聴率22% みんな半沢直樹が大好きだ

       
『半沢直樹』1話 顔筋を激しく動かし続ける堺雅人・市川猿之助 視聴率22% みんな半沢直樹が大好きだ
イラスト/ゆいざえもん

新シリーズは出向後の物語。今回は伊佐山が半沢を地獄の果てまで追い詰める

7年ぶりに帰ってきた日曜劇場(毎週日曜 よる9時〜 TBS系)の初回視聴率は22%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)。みんなまだまだ『半沢直樹』が大好きだ。

池井戸潤の金融小説を原作に銀行のリアリティーを描いて大人気だった企業ドラマ『半沢直樹』の前作は、町工場を営む父が融資をストップされて自殺し、主人公・半沢直樹(堺雅人)は、そのきっかけを作った血も涙もない人物・東京中央銀行の大和田(香川照之)に「やられたらやり返す。倍返しだ」と復讐をはかった。前作の最終回ではみごとに悲願を果たすが、頭取(北大路欣也)にやり過ぎをとがめられ、子会社・東京セントラル証券に出向になってしまう。

新シリーズは出向後の物語。今度は、逆に、大和田を慕っていた伊佐山(市川猿之助)が半沢を地獄の果てまで追い詰めると復讐心に燃えるところからはじまる。

あれから7年後の話かと思ったら、あの時の遺恨がいまだに根深いところを見ると7年前からさほど時間は経っていないようでもあり、でも妻の花(上戸彩)からは「おじさん」になったと自覚を促されるし、若手社員・森山(賀来賢人)を飲みに誘っても応じてもらえず、時代の移り変わりを味わう場面もあって、いまひとつ時代設定がよくわからない(明確に時代設定が出てこない。わかる方教えてください)。

堺雅人の明晰な芝居は健在。そして「顔芝居」も

子会社で小口の仕事ばかりしてきた半沢だが、IT企業・電脳雑技集団が、同じく新鋭のIT企業スパイラル(お正月にやっていたスペシャルドラマ「半沢直樹スピンオフ企画 『狙われた半沢直樹のパスワード』」にも出てきた会社)を買収したいという大口案件に携わり、久々に熱くなっていたところ、伊佐山の暗躍によって中央銀行が卑怯な手を使って契約をかっさらう。そのうえ、伊佐山は半沢をさらなる地方へ左遷させようと画策していた。仁義に欠けた行為に半沢は「やられたらやり返す。倍返しだ」と怒りを燃やす。

前作は勧善懲悪の水戸黄門の現代版と言われていた『半沢直樹』だったが、新シリーズは血で血を洗う復讐劇という印象。画面も韓国ノワールみたいに黒っぽさが増した気がする。そして、出てくる人物、出てくる人物、相変わらず濃くて、顔筋を激しく動かし続ける。

あわせて読みたい

香川照之のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『半沢直樹』1話 顔筋を激しく動かし続ける堺雅人・市川猿之助 視聴率22% みんな半沢直樹が大好きだ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    逆になぜ7年後の話だと思ったのか。登場人物の役職が前シリーズの終了時と変わって無いんだから、7年も経ってるわけがない。

    1
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半沢直樹

半沢直樹

平成の30年間に放送されたドラマで最終回42.4%の視聴率を弾き出し、堂々の1位に輝いた堺雅人主演ドラマが令和の時代に再び登場。TBSにて、2020年7月19日〜放送中。

2020年7月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。