review

『半沢直樹』大和田の「恩返しです」をパクり「大事なのは感謝と恩返しだ」と半沢 名言まで奪い合う3話

       
『半沢直樹』大和田の「恩返しです」をパクり「大事なのは感謝と恩返しだ」と半沢 名言まで奪い合う3話
イラスト/ゆいざえもん

一撃、二撃、三撃、四撃……息つく間もなく進んだ「半沢直樹」3話

資金力(電脳雑技集団、東京中央銀行)対 知恵(スパイラル、東京セントラル証券)の勝負。日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 よる9時〜 TBS系)第3話(8月2日放送)は、「ここからが本当の勝負です」と半沢直樹(堺雅人)が古来からの(剣道の?)戦法(仕掛ける相手の隙をつく)で一撃、二撃、三撃、四撃……間髪入れずに東京中央銀行と電脳雑技団に闘いを挑んでいく。ドラマは隙なく、密。スピーディーに一撃、二撃……と息つく間もなく進行し、視聴率は23.2%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と上昇した。

前作から今回までの間に、堺雅人が大河ドラマ「真田丸」(NHK 16年)を挟んだからか、「水戸黄門」テイストよりも戦国時代劇テイストが強まってきたような気もしないでない。半沢が瀬名(尾上松也)と剣道の試合をするところはじつに雄々しい。そして、東京中央銀行に立ち向かう様も、大阪夏の陣、冬の陣に向かう真田幸村のように見えた。ちなみに音楽は「半沢直樹」も「真田丸」も服部隆之。

「ひるまずおそれず責め続けていれば、電脳銀行連合軍に隙が生まれるでしょう」(半沢)
「剣道で言うと、一足一刀の間合いをとって、平常心で敵をみつめ、危剣体の一致を伴い最後の一撃を与える」(森山)

半沢の計画は、スパイラルを裏切ったフォックスの株をスパイラルが買うことで2社に手を組ませること。フォックスが投資失敗で巨額損失という情報をネットニュースにリーク。それによってフォックスの株が下がったところを購入し、ピンチの郷田(戸次重幸)を丸め込む。

そこまでは順調だった。が、そこへ、監視委員会がセントラル証券にやって来た。陣頭指揮は、あの黒崎(片岡愛之助)。金融庁から異動して、やたら長い肩書の「証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官」になっていた。文字数が、あの長い『SPEC〜警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜』と同じ23文字!(SPEC〜抜いて警視庁から数えています)

「(うわ、黒崎)来たーー」という堺雅人の顔。「直樹」呼ばわりの黒崎。セントラルに検査が入ったニュースが出て、スパイラルの株が下がりだす。「相当めちゃくちゃ激しくやばいぞ」と「全部すべてまるっとスリっとゴリっとエブリシングお見通しだ! 」( by TRICK山田奈緒子)みたいな言い方する半沢。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半沢直樹

半沢直樹

平成の30年間に放送されたドラマで最終回42.4%の視聴率を弾き出し、堂々の1位に輝いた堺雅人主演ドラマが令和の時代に再び登場。TBSにて、2020年7月19日〜放送中。

2020年8月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。